@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ソウ】

デジタル大辞泉

そう〔サウ〕【壮】
[名・形動]
意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志をとする」
30歳前後の血気盛んな年ごろ。また、その年ごろの男性。「にして大家の貌がある」
[接尾](「草」とも書く)助数詞。灸をすえる回数を数えるのに用いる。
「此の日の、肩腎并せて曲池に百五十―」〈蔗軒日録〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう【壮〔壯〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]さかん
血気盛んな年ごろ。勢いが盛ん。「壮健壮士壮丁壮年強壮少壮
意気に燃えている。勇ましい。「壮挙壮絶壮図壮烈悲壮勇壮
元気づける。「壮行会」
大きくて立派。「壮観壮大壮麗広壮
[名のり]あき・お・さかり・たけ・たけし・まさ・もり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そう【壮】
[1] 名 ・形動 [文] ナリ 
活力に満ちあふれ、勇ましいこと。男らしいこと。また、そのさま。 叔父は老て益益-なれば/花柳春話 純一郎
元気で充実した年頃。三〇歳前後。普通、男性についていう。 年歯未だ-/日本風景論 重昂
接尾
助数詞。灸きゆうをすえる回数を数えるのに用いる。
[句項目] 壮とする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう サウ【壮】
[1] 〘名〙
① (形動) 元気盛んであること。勇ましいこと。強健であること。また、そのさま。
※史記抄(1477)一三「老者小者をば易処に当てをき、壮なる者をば劇処に当て置ぞ」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「老て益益壮(サウ)なれば」 〔春秋左伝‐宣公一二年〕
② 三〇歳前後の血気盛んな年齢。盛りのとし。若盛り。また、その人。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「凡そ人の幼といひ、弱といひ、壮といひ、強といひ、艾(かい)といひ、耆(き)といひ、老といひ、耄(ばう)といふ」 〔論語‐季氏〕
③ (形動) 大きくてりっぱであること。また、そのさま。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉金費ひの術「其邸宅を壮(サウ)にし」
[2] 〘接尾〙 (「草」とも書く) 灸(きゅう)をすえる回数、または、艾(もぐさ)の分量を数えるのに用いる。
※玉葉‐安元二年(1176)六月一九日「被二百草
※随筆・榊巷談苑(1704頃か)「灸一灼を一壮といふは、壮年の人にあてて幾灼と定めたれば壮とはいへり」 〔夢渓筆談‐技芸〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation