@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

声点【しょうてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

声点
しょうてん
漢字四隅ないしその中間につけられた点。元来中国四声を示すためにつけられたもので,のちに日本にも伝わり,やがて仮名にもつけられ,アクセントを表すようになった。その形は,二筆書きの ( ) や一筆書きの「◦」,「・」などで,濁音を示すには「・・」などのように二つ並べる(のちの濁点起源)。左下は平,左上は上声,右上は去声右下は入声を示す。日本で行なわれていた音価は,平声は低平,上声は高平,去声は上昇,入声は入破音で平声と同じと推定されている。六声のときは,さらに「平声軽(かる)」(左横中央やや下寄り)と「入声軽」(右横中央やや下寄り)が区別され,それぞれ下降調,高平調(上声と同じ)と推定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐てん〔シヤウ‐〕【声点】
漢字の四声を表すために、漢字の四隅、またはその中間につけられる点。中国に始まり、日本でも用いられる。漢字の四隅のうち、左下は平声、左上は上声、右上は去声、右下は入声を示す。のち、アクセントを示すために仮名にもつけられるようになった。声符(しょうふ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうてん【声点】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうてん【声点】
漢字の四声を示すため、漢字の四隅または、その中間に付ける点。左下が平声ひようしよう、左上が上声じようしよう、右上が去声きよしよう、右下が入声につしようを示す。中国の唐代にすでに行われていたといわれる。日本に伝わってからは、仮名に付して国語アクセントを示すのにも用いられ、さらに、声点を二点並べて濁音を示すなど、濁音符の源ともなった。四声点。声符しようふ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

声点
しょうてん
漢字または仮名に付して、その音節の声調を示す符号。声符(しょうふ)ともいう。[石塚晴通]

起源

漢字に声点を付すことは、中国に始まり、漢字の原音・原義ではなく、派生音・派生義であることを示す「破音(はおん)」の法に由来する。初め破音を示すために、漢字の中央またはかたわらに朱の点発(てんぱつ)を付していたものが、四声(しせい)の枠を利用して、派生音・派生義のいずれであるかを示すために、漢字の四隅に点発を付すようになり、のちに(唐代後半)破音の機能を離れて、声調だけを示す点発、圏発を漢字に付すようになった。これが声点である。[石塚晴通]

沿革

漢字の四隅に点発を付す破音では、初めはの(1)のように、右上―平声(ひょうしょう)型であったが、のちにの(2)のように、左下―平声型に固定した。声点ではさらにの(3)のように、平声軽、入声(にっしょう)軽をも示すようになった。日本にも破音、声点は伝来し、9世紀極末期ごろから実例がみられる。声点はのちに(11世紀前半)仮名にも付されるようになり、日本語の声調を示す資料となっている。平安時代では、平―低平調、上―高平調、去―尻上(しりあがり)調、平軽―尻下(しりさがり)調と四声調を区別していたが、平軽、去が区別されなくなり、鎌倉時代になると、一般には平、上のみとなり、今日に至っている。[石塚晴通]
『金田一春彦著『国語アクセントの史的研究――原理と方法』(1974・塙書房) ▽小松英雄著『日本声調史論考』(1971・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐てん シャウ‥【声点】
〘名〙 漢字の四隅(またはその中間)に付して、その漢字の四声を示す点。中国に始まり、唐代には、一般に行なわれていたといわれる。日本のものは、これを伝えたもので、原則として文字の四隅に示され、左下は平声、左上は上声、右上は去声、右下は入声を示した。また、日本語のアクセントを示すために仮名にも付けられるようになった。形は白まるの圏点と、黒い点の星点とがあり、漢字には圏点を用いることが多く、梵字の対注漢字や和訓には星点を用いることが多い。清濁を区別するようになってから、清音の一点に対し、濁音に二点(もしくは)を用いるようになり、これが濁点の源流となった。声符(しょうふ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

声点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

声点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation