@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

声調【せいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

声調
せいちょう
tone
音節における声の高さの変動。音節音調ともいう。「高さアクセント」は,ひとつひとつの音節ではなく,単語結合)に該当する音声連続に現れる点で声調とは異なる。声調は国際音声字母では次のような記号で表す。高平調[-],低平調[-],高昇調[´],低昇調[´],高降調[`],低降調[],昇降調[^],降昇調[ˇ]。また,5段階などの段階を設け,1(最低)~5(最高)の数字で 55(高平),35(高昇)などとしたり,基準棒を用いて左側にそれぞれ ˥,(右側のときは)などと表したりする。声調が社会習慣的に一定しており,弁別的な体系をなしている言語は「声調素」tonemeをもつといい,そういう言語を声調言語という。この声調素のことを単に声調ということもある。現代北京語は通例次の四つの声調素(四声)をもつとされる。/mā/=[mā](媽〈母〉),/má/=[má](),/mǎ/=[mǎ](馬),/mà/=[mà](罵〈ののしる〉)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐ちょう〔‐テウ〕【声調】
話したり歌ったりするときの声の調子。
詩歌などの調子。
中国語の四声のように、音節の中での高低昇降の変化で語義を区別する機能を有するもの。広義では、高さアクセントを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいちょう【声調 shēng diào】
英語ではtone。声調とは,本来,音節全体にかかる高低の対立,すなわち音節音調であるが,中国では伝統的に‐p,‐t,‐kなどのような内破音に終わる音節構成をも〈入声(につしよう)〉として,声調の一タイプと考える。このさい高低の対立は相対的なものであって,低い方よりに1,2,3,4,5で示せば,〈普通話〉(現代中国共通語で,北京語の音韻体系にもとづく)の四声は,第1声(陰平声)が55(5の高さにはじまり,5の高さに終わる)の高平調,第2声(陽平声)が35(3の高さにはじまり,5の高さに終わる)の高昇調,第3声(上声)が214(2の高さから1の高さに下降してから,4の高さに上昇する)の降昇調,第4声(去声)が51(5の高さから1の高さに急降下する)の高降調である(図1)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいちょう【声調】
ふしまわし。
音節の構成要素である高低昇降のアクセント。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

声調
せいちょう
歌論用語。調べ。短歌の韻律形式やことばの響き、情緒などを含む情意の流れを総合的にとらえたもの。単に音楽的なものでなく、形式と内容との関連から生まれる調子、音調をいう。歌の調べは情意のおのずからなる表出であり、これをもっとも重視したのは香川景樹(かがわかげき)で、調べは自然の「誠(まこと)」の現れであるといい、和歌の本質をなすものとした。近代では伊藤左千夫(さちお)が「言語の声化」を唱え、感動の動きから出た声調を尊重、そこに個性の現れを認めた。斎藤茂吉(もきち)も歌調を「自己(アイゲン)の声」とし、「短歌声調論」(1932)でこれを詳細に論じている。調べはもと音楽用語から出ており、今日では声調の語を用いることが多い。[本林勝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐ちょう ‥テウ【声調】
〘名〙
① 声の調子。また、うたったり音読したりしたときの調子。ふしまわし。ふし。音調。
※明六雑誌‐二五号(1874)知説・五〈西周〉「プロソジー(読法)説話の緩急誦読の声調を論ずる者」
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉七曜のすさび・土曜の音楽「美妙なる声調(セイチャウ)を伝へんことは難し」 〔晉書‐律歴志〕
② 中国の漢字音の音調。四声の平・上・去・入など音節の高低昇降や長短の音調をいう。現代では中国語以外についても同じような現象を指すのに用いる。
※作詩志彀(1783)「拗体は、古調を以て、律に入るるなり。故に其声調自ら一定の法あって、厳然と具はる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

声調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

声調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation