@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

声門【せいもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

声門
せいもん
glottis
喉頭部には言語音に欠くことのできない声帯があり,その声帯の間の通路を声門という。声帯は水平に前後に張られた左右一対のひだである。その両声帯間の通路を声帯声門という。声帯のうしろの部分には披裂軟骨があり,この軟骨間の通路を軟骨声門という。この2種の声門は独立に開閉して違った種類の音を出す。両方開いているのは「」の状態,両方閉じているのは「声門閉鎖」の状態,軟骨声門だけが開いているのは「ささやき」の状態。軟骨声門が閉じ,声帯声門がかすかに開いており,そこを呼気が通り抜けるときに規則的に声帯が振動をするのが「声」の状態である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐もん【声門】
左右の声帯のひだの間にある、息の通る狭いすきま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいもん【声門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいもん【声門】
左右の声帯の間にある間隙。発声に際して緊張して狭くなる。声門裂。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐もん【声門】
〘名〙 左右の声帯の間にあるすきま。安静呼吸時には開いて、上方から見ると三角形をなすが発声時には閉じて狭いすきまとなる。声帯を含めてもいう。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

声門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

声門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation