@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

売掛金【うりかけきん】

株式公開用語辞典

売掛金
貸借対照表の借方項目の資産の部で計上され、流動資産のうちの当座資産のひとつ。製品・商品の販売やサービスの提供など、その企業の主たる営業取引から発生する未収入金で、1年以内に現預金で回収が見込まれるものを意味します。売掛金は、企業の信用にもとづいた現時点ではなく将来の現金の受取りや支払いを約束した取引であり、企業間の信用取引一種である。その為、相手先の経営状態が悪化し売掛金を回収することができなくなることがあるリスクも伴います。その可能性を事前に見積もっておくのが損益計算書で計上する貸倒引当金です。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

売掛金
モノを売り買いするなど、その会社が普段行う通常取引の中で、こちらが売った代金を相手から回収していていない状態のお金のこと。俗に言う「ツケ」をされたお店側の回収していないお金のこと。ただし、お店を売却するなど通常業務以外での回収していないお金は未収金として、売掛金とは別に扱われる。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

うりかけきん【売掛金】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

売掛金
うりかけきん
accounts receivable
商品または製品を顧客に販売したが,まだ代金を受取っていない営業上の未収入金。受取手形と違って通常短期間に回収される。期末の貸借対照表では,売掛金期末残高のうち代金の回収不能のおそれのある金額を貸倒引当金として期末残高から控除して,実質的な売掛金回収可能額が表示される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うりかけ‐きん【売掛金】
〘名〙
① 掛け売りの代金。売掛。売掛銀。売掛代金。⇔買掛金
※真理の春(1930)〈細田民樹〉頭の上の街「あの大震災で、沢山の売掛金(ウリカケキン)はばたりと取れなくなり」
② 江戸時代、商人が多数の顧客に対し、継続的に掛け売りをすること。また、その代金。売掛。売掛代金。売掛銀。〔禁令考‐後集・第二・巻一五・延享三年(1746)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うりかけ‐きん【売掛金】
売り掛けの代金。売上代金の帳簿上の未収金額。⇔買掛金

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

売掛金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

売掛金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation