@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

壺井繁治【つぼいしげじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壺井繁治
つぼいしげじ
[生]1897.10.18. 香川,小豆島
[没]1975.9.4. 東京
詩人。早稲田大学中退。岡本潤,萩原恭次郎らと 1923年『赤と黒』を発刊したが,ダダやアナーキズムに近い傾向からしだいにマルクス主義に転じ,1928年ナップに加盟,『戦旗』の編集経営を担当。のちコップの中心メンバーとなり,検挙投獄も数度に及んだ。第2次世界大戦後は新日本文学会の創立に参加。詩集『果実』 (1946) ,『壺井繁治詩集』 (1948) ,評論集『抵抗の精神』 (1949) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

壺井繁治 つぼい-しげじ
1897-1975 大正-昭和時代の詩人。
明治30年10月18日生まれ。壺井栄の夫。大正12年岡本潤,萩原恭次郎らと「赤と黒」を創刊。のち全日本無産者芸術連盟(ナップ)にくわわり,戦後は新日本文学会の設立,「詩人会議」の創刊などにつくした。昭和50年9月4日死去。77歳。香川県出身。早大中退。著作に「壺井繁治詩集」「抵抗の精神」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つぼいしげじ【壺井繁治】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

壺井繁治
つぼいしげじ
(1897―1975)
詩人。香川県小豆島(しょうどしま)生まれ。早稲田(わせだ)大学中退。1922年(大正11)に個人誌『出発』刊。23年に萩原(はぎわら)恭次郎、岡本潤(じゅん)、川崎長太郎らと『赤と黒』を創刊し「詩とは爆弾である!」という同誌の宣言を書く。25年に栄(さかえ)(のちに作家)と結婚。27年(昭和2)に『文芸解放』を創刊。やがてアナキズムからマルキシズムにかわり、左翼芸術同盟を結成。29年に日本プロレタリア作家同盟中央委員。30年、32年に入獄。35年にはサンチョ・クラブ結成。風刺詩誌『太鼓』を創刊。第二次世界大戦後は新日本文学会、詩人会議などのリーダーとして活躍。政治性、社会性の濃い詩風をもつ。『壺井繁治全詩集』があり、没後の76年(昭和51)に『老齢詩抄』が出版された。[村田正夫]
『『壺井繁治全詩集』(1970・国文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つぼい‐しげじ【壺井繁治】
詩人。香川県出身。早稲田大学中退。アナーキスト詩人として出発。しだいに社会意識を深めプロレタリア文学運動に参加、抵抗詩を多く書く。第二次世界大戦後は民主主義文学運動の一翼をになった。「果実」「頭の中の兵士」「風船」「馬」などの詩集がある。妻は壺井栄。明治三〇~昭和五〇年(一八九七‐一九七五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壺井繁治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壺井繁治の関連情報

関連キーワード

国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学ストリンドベリマラルメ

他サービスで検索

「壺井繁治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation