@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

変体がな【へんたいがな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

変体がな
へんたいがな
今日,常用されているひらがなとは異なる字体のかな。「異体がな」ともいう。ひらがなは,古くは同一の音に対していろいろの異体字が用いられていたが,次第に常用のものは一定化の方向をたどった。今日では 1900年の小学校令施行規則で制定された統一字体が用いられており,変体がなは書道手紙などで単調さを避け,流麗さを出すために使われるくらいである。片仮名も時代をさかのぼるほど異体が多かったが,変体がなとは普通いわない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変体がな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

変体がなの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation