@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

変朽安山岩【へんきゅうあんざんがん】

岩石学辞典

変朽安山岩
リヒトホーフェンはシェラネヴァダの緑色岩─粗面岩をプロピライト(propylite)と命名した[Richthofen : 1860, 1868].ジュドはハンガリーの岩石がシェラネヴァダの岩石のように非常に変質していることを示した[Judd : 1876].デルターは変質していない岩石は安山岩であることを見いだした[Doelter : 1879].現在ではプロピライトは,安山岩あるいはデーサイトが熱水変質を受けたものの名前として使われている.一般に二次的な方解石,石英などのシリカ鉱物,緑泥石,緑簾石,硫化鉱物などを含んでいる[Rosenbusch : 1879].ギリシャ語のpropolosは前を行く使用人の意味.proは前,pyleは門を意味し,アテネのアクロポリスの入口の列柱門をpropylaeaと呼ぶ.
多くの研究者によって調べられたが,特に鉱床関係に伴われる変質作用と関係した研究が多い[今井 : 1991].安山岩などが変質作用を受けた岩石とする考えが多いが,プロピライトの岩体で噴出した熔岩の産状を示すものがり,大きな岩体全部が一様な変質をしていることから,初めからプロピライト・マグマによって形成された火成岩という考えがある[Ishikawa : 1960].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へんきゅうあんざんがん【変朽安山岩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

変朽安山岩
へんきゅうあんざんがん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変朽安山岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

変朽安山岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation