@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

変格【へんかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

変格
へんかく
reduction
還元ともいわれ,定言的三段論法中の妥当なる推理格式であることを明らかにするため,当該の式を換 (→換質法 ) ,換位 (→換位法 ) して第一格の式に帰着させる変形のこと。 (→戻換 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へん‐かく【変格】
本来の規則や形式に合っていないこと。変則。
変格活用」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐かく【変格】
〘名〙
① 本来の格式や規則からはずれていること。正格でないこと。変則。
※俳諧・也哉抄(1774)「それがあまりなる変格をいふも」 〔李嗣真‐論書〕
※詞八衢(1808)上「此四種の活の同じたぐひにていささか活ざまの異なるありそをかりに変格と名づけて其詞ある行(くだり)の図に出せり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

変格の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation