@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

変死【へんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

変死
へんし
法医学上では,医学的な死因はどうであろうと,異常な状況下にある死体変死体という。外因死,あるいは疑わしいので解剖して初めて病死と判明するもの,さらには死因不明のものなどが変死に含められている。これに対して刑事法学上では,自然死,病死,天災死以外の事故原因による死亡であることが明らかで,犯罪行為によるものではないかと考えられる死体をいう。変死者に対しては司法検視が行われ (刑訴法 229条1項) ,その結果,犯罪嫌疑が明らかになれば捜査機関による捜査 (たとえば検証) が行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へん‐し【変死】
[名](スル)事故死・他殺・自殺など、ふつうでない死に方で死ぬこと。「密室で変死する」「変死体」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へんし【変死】
人の死において,その原因や状況に異常が認められるもの。この場合の異常とは,医学的なものではなく,法医学的あるいは犯罪学的な異常をいう。人の死は,大きく病死などの自然死と不自然死(外因死)とに分けられる。このいずれに属するかが不明な場合を〈変死の疑いのある死〉という。一方,不自然死はさらに,犯罪死(殺人傷害などによる死)と非犯罪死(自殺や自過失などによる死)とに分けられる。この分類において,どちらの死であるかが不明なもの,すなわち,外因による死であることには間違いないが,その死が犯罪によるものであるかかについては,さらに調査を要するものを〈変死〉という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へんし【変死】
スル
普通でない状態での死。 -体

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐し【変死】
〘名〙
① 思いがけない災難で死ぬこと。事故にあったり殺されたりして死ぬこと。横死。自殺による死もいう。
※禁令考‐別巻・棠蔭秘鑑・亨五四(1841)「変死之ものを内証にて葬候寺院御仕置事」
② 犯罪に起因する疑いのある不自然な死に方。
※教部省達第二四号‐明治六年(1873)七月七日(法令全書)「喪葬に臨み若し変死異常等疑しき事あらは其情状を地方官へ報知し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変死」の用語解説はコトバンクが提供しています。

変死の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation