@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夏泊半島【なつどまりはんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夏泊半島
なつどまりはんとう
青森県中央部,陸奥湾に突出した半島陸奥湾を東部野辺地湾西部青森湾とに区分。東岸は隆起性の遠浅海岸でホタテガイ養殖が盛んである。浅所 (あさどころ) 海岸はオオハクチョウの渡来地。西岸は沈降性海岸で海食崖海食洞が発達している。最高点の水ヶ沢山 (323m) は,奥羽山脈の末端部にあたる。北端に夏泊崎と大島がある。付近一帯はヤブツバキが群生し,椿山ツバキ自生の北限地として天然記念物に指定される。西岸に浅虫温泉があり,浅虫夏泊県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なつどまり‐はんとう〔‐ハンタウ〕【夏泊半島】
青森県中央部、陸奥湾のほぼ中央に突出した半島。青森湾野辺地湾を分ける。北部の椿山(つばきやま)はツバキの自生北限地帯で国の天然記念物。東部の浅所(あさどころ)海岸はハクチョウの飛来地として特別天然記念物に指定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なつどまりはんとう【夏泊半島】
青森県中央部,陸奥(むつ)湾に南から突出した半島で,東津軽郡平内(ひらない)町に属する。この半島によって,東の野辺地(のへじ)湾と西の青森湾に分けられる。半島部は台地状の地形をなし,最高点の水ヶ沢山(323m)を中心として山地が海にせまる。最北端の夏泊崎の海上に,狭い瀬戸をへだてて周囲3kmの大島があり,白亜無人灯台が立つ。北端に近い椿山はヤブツバキ自生の北限地として知られ,南東基部にある小湊の浅所(あさどころ)海岸は冬季,ハクチョウの渡来地として特別天然記念物に指定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

夏泊半島
なつどまりはんとう

青森県中央部、陸奥湾(むつわん)に突き出た半島。陸奥湾南部を東の野辺地湾(のへじわん)と西の青森湾に分ける。奥羽山脈の延長部で、台地状をなし低平地はほとんどない。最高点は水ヶ沢山の323メートル。半島の西側は沈降性で海食崖(がい)がみられ、東側は隆起性で岩盤が延び浅海である。最北端の夏泊崎前方には周囲3キロメートルの大島があり、コンクリート橋で結ばれる。北端部に白亜の無人灯台が建つ。半島北端に近い椿山(つばきやま)はツバキ自生北限地として国の天然記念物、南東部の浅所海岸(あさどころかいがん)は「小湊のハクチョウおよびその渡来地(こみなとのはくちょうおよびそのとらいち)」として特別天然記念物に指定されている。なお全域が浅虫夏泊県立自然公園となっている。

[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏泊半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夏泊半島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation