@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外交使節団【がいこうしせつだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外交使節団
がいこうしせつだん
diplomatic mission
一国を代表し,外国または国際機関に派遣される使節 (長および随員) 。外交使節団の長を単に外交使節と呼ぶ場合もある。通例,任地国に公館を構えて常時任務を遂行する。ウィーン外交関係条約によれば,外交使節団の任務は (1) 派遣国を代表すること,(2) 派遣国国民の利益を保護すること,(3) 接受国政府と交渉すること,(4) 接受国の情報を適法な手段で確認し本国に報告すること,(5) 接受国との友好関係を促進することなどである。外交使節団の長はまず相手国の同意 (→アグレマン ) を得たのちに派遣され,信任状を接受されてから外交活動を行う。 (→特別使節団 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいこうしせつ‐だん〔グワイカウシセツ‐〕【外交使節団】
外交使節とその随員。大使公使書記官などの外交官と、会計・情報通信などを担当する事務・技術職員、調理師・運転手門番などの役務職員で構成。相手国政府との交渉、情報収集、友好関係の促進、自国民の利益保護などを主な職務とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外交使節団
がいこうしせつだん
diplomatic mission
外交使節団は、大使、公使などの使節団の長(外交使節)と使節団の職員から構成される。使節団の職員には、外交官の身分をもつ外交職員、会計・電信などの仕事をする事務技術職員、受付・運転・料理などを担当する役務職員とがある。使節団の設置は、国家相互の合意によって行われるが、具体的に人を派遣する場合には、アグレマンやペルソナ・ノン・グラータの制度がある。使節団は外交関係の処理を任務とするが、とくに接受国において派遣国を代表すること、派遣国とその国民の利益保護、接受国政府との交渉、友好関係の促進、接受国における各種情報の収集などがおもな職務である。なお使節団がこれらの職務を能率的に遂行するために、外交特権の制度が認められている。[広部和也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外交使節団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外交使節団の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation