@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外人【ガイジン】

デジタル大辞泉

がい‐じん〔グワイ‐〕【外人】
外国人。特に、欧米人をいう。「外人墓地」
仲間以外の人。他人。
「―もなき所に兵具(ひゃうぐ)をととのへ」〈平家・一〉
[補説]1は、よそ者というニュアンスを持つようになったため、使う相手・状況に注意が必要な言葉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいじん【外人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいじん【外人】
外国人。 -選手 -墓地
内輪でない人。他人。外部の人。 -もなき所に兵具をととのへ/平家 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほかびと【外人】
他人。よそのひと。 -と違つて文さんがお嫁をお貰ひの事こつたから黙つてもゐられない/浮雲 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐じん グヮイ‥【外人】
〘名〙
① 家族、親戚、仲間、同宿などの範囲の外にいる人。無関係の人。疎遠な人。他人。また、その土地の人ではない人。
※扶桑集(995‐999頃)九・暮春賀藤才子寮試及第花下命酌〈大江朝綱〉「外人傾耳猶添愛、况是堂中父母心」
※平家(13C前)一「其恩をわすれて、外人もなき所に兵具をととのへ、軍兵をかたらひおき」 〔孟子‐滕文公〕
② 外国人。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「学者流の人にても少しく見識ある者は外人の挙動を見て決して心酔するに非ず」 〔陶潜‐桃花源記〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation