@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外光派【がいこうは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外光派
がいこうは
Pleinairisme
美術用語。特定の画派をさす場合は印象主義がこれに該当する。広義に使われることが多く,自然光線による色彩効果を表現するため戸外で描く画家たちを呼ぶ。 19世紀なかばまで風景画は戸外でモチーフ取材を行い,画室で仕上げるのが通例であったので,色彩の固定概念に拘束され,全般的に茶褐色を基調とした暗い画面であった。 19世紀のイギリスの画家コンスタブルやターナーはアトリエから戸外に出て,自然光線による風景の変化の様態を明るい色彩を使って直接描きはじめ,外光派の先駆となった。イタリアでは 19世紀なかばのマキアイオリ派の画家セガンティーニがおり,フランスでは印象主義者に先行したバルビゾン派の画家ドービニーやオランダのヨンキントがいる。印象派隆盛後あるいはこれに並行して,印象派と対立する立場にあった官展派のアカデミックな画家たちのなかでも,印象派の影響を受けて戸外で制作した画家たちがいたが,彼らを印象派の亜流という意味から外光派と呼ぶこともある。なかでも R.コランは日本の黒田清輝久米桂一郎のフランスでの師として重要である。日本でも,帰国した黒田や久米,藤雅三たちによって明治初期に形成された紫派 (→白馬会 ) の画家たちを外光派と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいこう‐は〔グワイクワウ‐〕【外光派】
《〈フランス〉pleinairisme》19世紀後半のフランス絵画の一派スケッチから完成画まで戸外で描き、自然の光・空気を画面に再現しようとした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいこうは【外光派 Pleinairistes[フランス]】
19世紀後半のフランスの画派。また明治中期の日本洋画の一派。フランスの場合は二つあり,一つは1850‐60年代にアトリエから戸外へ出て外光のもとで制作しはじめたコローなどバルビゾン派の一部や,ブーダンなどル・アーブル地方の海辺で終始戸外で制作して印象派の先駆となった画家たちである。いま一つは,1880年代以後,印象派が評価をうけてから,従来のアカデミックな描写や表現に印象派風の外光描写をとりいれた折衷画派をさす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

外光派
がいこうは
pleinairisme フランス語

戸外の明るくて清新な光や色彩の効果を重視して、作品を終始戸外で描こうとする考え方を外光主義といい、そうした制作方法をとる画家たちを総称して外光派という。風景画制作にもっともかかわりの深いことばで、ターナーやコンスタブル、コローやミレーといった先例がありはするが、19世紀後半以降のフランスでもっとも熱心で実り豊かな追求がなされた。モネを初めとする印象派の風景画家はほとんどすべてこの立場をとっており、彼らを直接に先駆した画家としてはクールベ、ヨンキントそしてブーダンがあげられる。西洋では、現場での写生を基礎として、アトリエ内の人工的な光線のもとで油絵を仕上げるというのが、風景画制作の伝統であった。だが近代的な実証主義思潮の登場とともに、絵画史のうえでもあるがままの自然を冷静かつ客観的に描こうとする写実主義の考え方が強まり、光が物の形および色彩に及ぼすもろもろの作用や、大気の乾湿の度合いにも注意が向けられ、伝統的な制作法への疑問とも相まって、外光主義は1850、60年代に革新的な考え方として多くの優秀な画家によって採用され始めた。色調分割その他印象派の理論も、この考え方の延長線にほぼ必然的な形で現れてくることとなる。黒田清輝(せいき)や久米桂一郎(くめけいいちろう)がフランスから19世紀末の日本に持ち帰った画風も一種の外光主義であって、厳密には印象主義と認めがたい点が多いといわざるをえない。

[池上忠治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がいこう‐は グヮイクヮウ‥【外光派】
〘名〙 (pleinairisme の訳語) フランス近代画の一派。戸外の光の研究、表現を重視し、風景画だけでなく人物画も同様に扱った。マネ、モネに始まる。印象派と同義に用いることもあるが、狭義には、印象派の風景画家と区別し、バスティアン=ルパージュなどが含まれる。
※南派原委(1896)〈森鴎外〉「印象派の名を用ゐることの広きに過ぐるを怪み、これに代ふるに外光派の名を以てせんと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

外光派
がいこうは
明治中期,フランスの洋画技法を用いる黒田清輝・久米桂一郎らの洋画家グループ
紫派・新派とも呼ぶ。彼らは印象派の彩色法に学び,明快な色調をもって明治美術会の暗い色調( (やに) 派)と対抗。1896年白馬会を結成した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外光派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外光派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation