@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外典【ガイテン】

デジタル大辞泉

がい‐てん〔グワイ‐〕【外典】
キリスト教で、聖書正典に含まれていないが重要である文書。アポクリファ。
げてん(外典)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐てん【外典】
《古くは「げでん」》仏語。仏教以外の書籍外書(げしょ)。⇔内典

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいてん【外典】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

がい‐てん グヮイ‥【外典】
〘名〙
① キリスト教で、聖書正典に近い関係があり、有益であるが、正典と区別される文書。旧約外典、新約外典の二種がある。アポクリファ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐てん【外典】
〘名〙 (古くは「げでん」) 仏語。外道の書。世間に行なわれる仏教以外の典籍。日本では、主として儒学の教典をさす。外書(げしょ)。⇔内典
※家伝(760頃)上「従師遊学十有余年、既通内経、亦解外典」 〔大毘婆沙論‐二〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐つ‐ふみ【外典】
〘名〙 仏教以外の教えを説く書籍。特に儒教の経典。げてん。
※書紀(720)推古元年四月(岩崎本訓)「且内つ教(のり)を高麗僧恵慈に習ひ、外典(トツフミ)を博士覚哿に学びたまふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外典
げてん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外典の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation