@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外呼吸【ガイコキュウ】

デジタル大辞泉

がい‐こきゅう〔グワイコキフ〕【外呼吸】
生物体が空気中あるいは水中酸素呼吸器官あるいは体表から取り入れ、二酸化炭素を放出するガス交換肺呼吸えら呼吸皮膚呼吸など。⇔内呼吸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

外呼吸
 肺胞での赤血球のガス交換.これに対して,体内の各組織における赤血球のガス交換を細胞呼吸(内呼吸)という.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいこきゅう【外呼吸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

外呼吸
がいこきゅう

動物において、肺、えら、皮膚などの呼吸器官で生命を維持するために必要な分子状酸素を獲得し、物質代謝の結果生じた二酸化炭素を排出するガス交換をいう。一方、細胞では、外呼吸により外界から取り入れられ、体内に輸送された酸素が二酸化炭素と交換される。この細胞呼吸を外呼吸に対して内呼吸とよぶことがある。

[高橋純夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐こきゅう グヮイコキフ【外呼吸】
〘名〙 呼吸器によって、空気または水から酸素をとり入れ、炭酸ガスを出す作用。皮膚呼吸、肺呼吸、鰓(えら)呼吸などがある。⇔内呼吸

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外呼吸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外呼吸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation