@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外囲【ガイイ】

デジタル大辞泉

がい‐い〔グワイヰ〕【外囲】
宅地などの囲い。そとがこい。
生物体を取りむすべてのもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がいい【外囲】
そとがこい。そとまわり。
生物体の外にあるすべてのもの。 -適応

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐い グヮイヰ【外囲】
〘名〙
① そとまわり。そとがこい。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「当府の牢獄は、高名なる造営にて〈略〉外囲には石を以て高廨を造り」 〔魏書‐長孫陳伝〕
② (比喩的に) あるものの外部をとりまいているもの。また、あるものの外側をかたちづくっているもの。
※夏目漱石氏の『文芸の哲学的基礎』を評す(1908)〈田中王堂〉三「以上は夏目氏が立論の外囲であるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そと‐がこい ‥がこひ【外囲】
〘名〙
① 庭や建物などのまわりにめぐらして、外部とのさかいや、他の侵入を防ぐためのかこい。垣や塀など。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「外囲ひは磚瓦を以て、高さ約二丈余の墻を築き」
② ひそかに別宅などに妾をかこっておくこと。
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)三幕「いはば悪足油虫の相手があっちゃあうっかりと、外囲(ソトガコ)ひにはして置かれぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外囲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外囲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation