@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外宮【ゲクウ】

デジタル大辞泉

げ‐くう【外宮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいきゅう【外宮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

げくう【外宮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

とつみや【外宮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

がい‐きゅう グヮイ‥【外宮】
〘名〙 天子が常に住むのとは別の宮殿。離宮。また、天子以外の王侯貴族の宮殿。
※平家(13C前)一「天下第一の美人のきこえましましければ、主上〈略〉外宮にひき求めしむるに及で」 〔史記‐淮南厲王伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐くう【外宮】
伊勢神宮の豊受大神宮をいう。祭神は、豊受大神で、穀物の神。とつみや。⇔内宮
※日本紀略‐長保四年(1002)九月六日「於建礼門前大祓、依明日被一レ伊勢外宮遷宮神宝使
※浮世草子・好色五人女(1686)二「内宮に見へも掛ず、外宮(ゲクウ)ばかりへちょっとまいりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐つ‐みや【外宮】
[1] 〘名〙 皇居以外に設けられた、宮殿。離宮。
※書紀(720)用明二年四月(図書寮本訓)「是の日に天皇得病(をほむここちそこなひ)たまひて宮(トツミヤ)に還入(かへりおはしま)す」
[2] 伊勢神宮の豊受大神宮をいう。げくう。
※古事記(712)上(兼永本訓)「次に登由宇気(とゆうけの)神、此は外宮(トツミヤ)の度相(わたらへ)に坐す神とまうすものなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

外宮
げくう
伊勢神宮の一つ
内宮である皇大 (こうたい) 神宮に対して豊受 (とようけ) 大神宮をいう。穀物の神で,内宮とともに皇室氏神として崇敬された。中世には外宮の禰宜 (ねぎ) 度会氏 (わたらいうじ) が伊勢神道を成立させた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外宮
げくう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation