@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外村繁【とのむらしげる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外村繁
とのむらしげる
[生]1902.12.23. 滋賀,南五箇荘
[没]1961.7.28. 東京
小説家。本名。第三高等学校をて 1927年東京大学経済学部卒業。5年間家業の呉服木綿問屋を経営。その後に店を譲って小説を書きはじめ,『の物語』 (1933) などの「商店もの」で注目された。代表作は3部作『草筏』 (35~39) ,『』 (54~56) ,『花筏』 (57~58) や,『落日光景』 (60) ,『澪標 (みおつくし) 』 (60) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とのむら‐しげる【外村繁】
[1902~1961]小説家。滋賀の生まれ。本名、茂。江州商人である自家の歴史を描いた作「草筏(くさいかだ)」の他に「」「澪標(みおつくし)」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

外村繁 とのむら-しげる
1902-1961 昭和時代の小説家。
明治35年12月23日生まれ。梶井基次郎らと「青空」を創刊。家業の木綿問屋を弟にゆずり文筆生活にはいる。近江商人外村一族の興亡に材をえて,「草筏(いかだ)」「筏」「花筏」の3部作を発表。昭和36年「澪標(みおつくし)」で読売文学賞。昭和36年7月28日死去。58歳。滋賀県出身。東京帝大卒。本名は茂。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とのむらしげる【外村繁】
1902‐61(明治35‐昭和36)
小説家。滋賀県南五箇荘村の近江商人の旧家の生れ。本名茂。三高を経,東大経済学部卒業。三高時代は戯曲習作にふけり,東大在学中の1925年,梶井基次郎,中谷孝雄ら三高出身者と同人誌《青空》を創刊,以後小説に専念する。27年,呉服木綿問屋を営む父が死に,跡を継ぐため一時文学を断念した。33年,家業を弟に譲って《麒麟》の同人となり,社会小説《鵜の物語》を書き,好評を博す。続いて発表した《草筏(くさいかだ)》(1935‐38)で大いに注目され,第1回芥川賞候補となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

外村繁
とのむらしげる
(1902―1961)

小説家。本名茂。明治35年12月23日富裕な近江(おうみ)商人の子として滋賀県に生まれる。東京帝国大学経済学部在学中の1925年(大正14)、三高以来の友人梶井基次郎(かじいもとじろう)らと同人誌『青空』を創刊し習作を発表する。卒業後家業を継ぐため一時文学を断念するが、33年(昭和8)『鵜(う)の物語』を書いて再出発を遂げる。『麒麟(きりん)』『世紀』などの同人となって商店ものの諸作を執筆するなかで、35年、第1回芥川(あくたがわ)賞候補となり、後の『筏(いかだ)』(1954~56)、『花筏』(1957~58)と三部作をなす『草筏』を起稿、3年後に完結する。江州(ごうしゅう)商人外村一族の血筋を内面的に掘り下げた傑作である。戦後は『夢幻泡影』(1949)に亡妻の死を悼み、『澪標(みおつくし)』(1960。読売文学賞受賞)に自身の性欲史を描くが、やがて再婚した夫人とほぼ同時期に癌(がん)に冒される。『落日の光景』(1960)には死と向き合った心境が静かな筆致でつづられている。昭和36年7月28日没。

[高橋真理]

『『外村繁全集』全六巻(1962・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とのむら‐しげる【外村繁】
小説家。滋賀県出身。東京帝国大学在学中、梶井基次郎らと同人誌「青空」を創刊。江州商人である自らの家の歴史を日本の近代史を背景に描いた三部作「草筏」「筏」「花筏」は代表作。ほかに「澪標(みおつくし)」「落日の光景」などの作品がある。明治三五~昭和三六年(一九〇二‐六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外村繁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外村繁の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家メリエス[各個指定]芸能部門マーラーレハールバルフォアシャウプ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation