@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外翅類【がいしるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外翅類
がいしるい
Exopterygota
昆虫不完全変態類の別称。この類では幼虫の翅包 (変態後翅になる部分) が体の外にあるので,このようにいうことがある。 (→昆虫類 , 内翅類 , 有翅類 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいし‐るい〔グワイシ‐〕【外×翅類】
不完全変態をする昆虫の一群。幼虫の体形成虫に似て、発育中に翅(はね)が外部に発達してくる。バッタトンボカゲロウなど。⇔内翅類

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外翅類
がいしるい

有翅(ゆうし)亜綱に属する昆虫のうち、幼虫期にはねの原基(翅芽(しが))が背部に露出するものの総称。日本では不完全変態類とよばれることが多く、完全変態を行う内翅類に対する呼称。この類では幼虫の形が成虫と比較的似ており、発育が進むにつれ胸の後端から腹部の上に片状のはねが伸びてくる。幼虫期の終わりになると背面の皮が縦に裂けて成虫が現れ、はねは急速に広がる。幼虫の食性や習性も成虫に似ることが多い。ここに含まれる昆虫はカゲロウ、トンボ、カワゲラ、ゴキブリ、カマキリ、シロアリ、シロアリモドキ、ハサミムシ、バッタ、キリギリス、コオロギ、ナナフシ、ガロアムシ、シラミ、ハジラミ、アザミウマ、チャタテムシ、セミ、アブラムシ、カメムシの類である。

[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がいし‐るい グヮイシ‥【外翅類】
〘名〙 トンボ、バッタなど不完全変態をする昆虫の総称。幼虫はさなぎの過程を経ないので、成長すると幼虫としての発育中にはねが外に現われる。不完全変態類。半変態類。古翅類。⇔内翅類

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外翅類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外翅類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation