@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外肛動物【がいこうどうぶつ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

外肛動物
がいこうどうぶつ

動物分類上の1門で、コケムシとよばれ、約4000種が知られている。化石は古生代の末期から出現しており、古い動物である。コケムシ類は擬軟体動物や触手動物の門に属したこともあるが、現在では外肛動物という独立した門を構成する。海産の種類は淡水産よりも多く、潮間帯から深海にまで分布する。微小な個虫が多数集まって樹枝状、鶏冠状、円盤状などの群体をつくる。群体は石灰質またはキチン質を含むために硬く、岩石やほかの動植物に付着する。それぞれの個虫は虫室の中にすみ、袋状で、口の周りには触手冠があり、消化管はU字状で、肛門は触手冠の外側に開く。血管と排出器がなく、雌雄同体で無性生殖により群体を拡大する。

[片島 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外肛動物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外肛動物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation