@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外部経済【がいぶけいざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外部経済
がいぶけいざい
external economies
イギリスの経済学者 A.マーシャルが用いた言葉で,産業全体の生産規模の拡大が市場の拡大,関連産業の発展などを通して個々の企業に及ぼす利益をいう。広義には,個々の経済主体 (個人または企業) による・サービスの消費や生産が,経済主体間で市場を経由せずに相互に及ぼし合う間接的な効果のこと。たとえば鉄道とその沿線にある行楽地は,行楽地の存在により鉄道の利用者がふえ,鉄道の存在により行楽地を利用しやすくなるために行楽客がふえるという付随的な利益をもたらす。一方,相互に損害を与える場合もある。外部経済による効果は市場の外で作用するため,完全競争市場の価格メカニズムの機能を阻害する「市場の失敗」の一因ともなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいぶ‐けいざい〔グワイブ‐〕【外部経済】
関連産業または経済全体の発達、立地条件の変化などによって個々の企業の生産費が低下し利益を受けること。⇔内部経済
ある企業や消費者の経済活動が、市場取引によらずに第三者便益・利益を与えること。例えば、果樹園経営が養蜂家に与える利益。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がいぶけいざい【外部経済】
ある経済主体(企業・消費者)の行動が、その対価を受けとることなく、他の経済主体に便益や利益を与えること。例えば、鉄道開通による地価上昇。 ⇔ 外部不経済
企業の属する産業全体の規模が拡大することによって、個々の企業の生産費用が低下すること。 ⇔ 内部経済

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がいぶ‐けいざい グヮイブ‥【外部経済】
〘名〙 生産者や消費者の経済活動が、市場取引を介さずに直接第三者の生活や経済活動に影響を与えることがあるが、そのような影響が第三者の利益になる場合をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

外部経済
がいぶけいざい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外部経済」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外部経済の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation