@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外部記憶装置【ガイブキオクソウチ】

IT用語がわかる辞典

がいぶきおくそうち【外部記憶装置】
コンピューターのプログラムやデータを長期的に保存する補助記憶装置のうち、コンピューターの外部に置かれるもの。ハードディスクMO光磁気ディスク)、フロッピーディスクなど。電源を切ると記憶内容が消去されるメインメモリーの代わりにデータを保存する。⇔内部記憶装置 ◇「ストレージ」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいぶきおくそうち【外部記憶装置】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいぶきおくそうち【外部記憶装置】
ハードディスクや光ディスクなど、ファイルの形でデータを記憶する装置。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外部記憶装置
がいぶきおくそうち
external memory
コンピュータの演算装置が直接使用する内部記憶装置に対して,入出力チャネルを介して間接的に働く記憶装置で,磁気テープ,磁気ディスク磁気ドラム光ディスクなどがある。一般に記憶容量が大きく,比較的安価であることを特徴とする。大規模な情報システムでは外部記憶装置を有効に活用すれば経済的な処理を行うことができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいぶ‐きおくそうち〔グワイブキオクサウチ〕【外部記憶装置】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外部記憶装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外部記憶装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation