@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

外骨格【がいこっかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

外骨格
がいこっかく
exoskeleton
骨格に対する語で,貝類節足動物などをいう。体を支え,筋肉と結んで運動の役に立つ点は内骨格と同様であるが,体をおおって保護する役目をも兼ねる点が内骨格と異なる。なお,カメの甲は内骨格の変形したもので,外骨格ではない。 (→骨格 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がい‐こっかく〔グワイ‐〕【外骨格】
動物体の外側を覆い、体を支え、内部を保護し、筋肉の付着点となる硬い構造。甲殻甲ら貝殻など。⇔内骨格

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいこっかく【外骨格 exoskeleton】
脊椎動物の骨格のように体の内部に形成される内骨格に対して,動物の体の表面を覆って形成される殻などの固い構造物を外骨格という。貝類,甲殻類昆虫類,多足類,腕足類などの殻が代表的なものである。皮骨などの皮膚骨格も広義の外骨格に含めることがある。すなわち,ウニ類ヒトデ類の殻や魚類のうろこ,甲は外骨格といわれることがあるが,表皮で覆われていてその下に形成された構造物であるので,厳密には内骨格とされる。造礁サンゴ類の骨格は個体の下部体外に形成された杯状の外骨格であるが,複雑に突き出して体内へくい込むとともに,その外を伸長した表皮が覆っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいこっかく【外骨格】
動物体の外側を覆う骨格。貝殻や甲など。内部を保護すると同時に筋肉の付着点となる。節足動物や貝類に発達している。 ⇔ 内骨格

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐こっかく グヮイ‥【外骨格】
〘名〙 表皮およびその真下の結合組織より生じた骨格で、動物の体表をおおい保護する。キチン質または石灰質からなる。貝類、カニ、エビ、ウニ、ヒトデ、カメなど多くの動物に見られる。皮膚骨格。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外骨格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

外骨格の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation