@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多古町【たこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多古〔町〕
たこ
千葉県北東部,栗山川の中流域,下総台地にある町。 1891年町制。 1951年東条 (とうじょう) 村と合体。さらに 54年久賀 (くが) ,常盤 (ときわ) ,中 (なか) の3村と合体。室町時代千葉胤宣の小城下町として発展。多古米で知られる米作と野菜,花卉植木などの園芸農業や,養鶏,養豚も行われる。日蓮宗本山日本寺がある。面積 72.8km2。人口 1万4724(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多古町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多古町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation