@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多宝如来【タホウニョライ】

デジタル大辞泉

たほう‐にょらい【多宝如来】
《〈〉Prabhūta-ratnaの訳》東方の宝浄世界の教主法華経・見宝塔品で、法華説法のある所に宝塔を出現させ、説法の真実を証明し讃嘆(さんだん)し、半座を譲って釈迦を請じ入れたという多宝仏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たほう‐にょらい【多宝如来】
(「多宝」は、Prabhūtaratna の訳) 仏語。東方の宝浄世界にいるという仏。諸仏が法華経を説くとき、宝塔を出現させて説法を讚嘆することを誓ったという仏で、釈迦が法華経を説いたとき出現した塔中の仏。多宝仏。多宝。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「只今、多宝如来出現し給らんかしと覚えて」 〔法華経‐見宝塔品〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多宝如来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多宝如来の関連情報

関連キーワード

三宝南無喝ら怛那とら夜耶南無喝囉怛那哆囉夜耶南無三宝宝生如来日光菩薩チャンドラグプタ[2世]大乗荘厳経論金光明経タミル紛争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation