@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多板類【たばんるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多板類
たばんるい
Polyplacophora; chiton; pill bug
軟体動物門多板綱の総称オオバンヒザラガイケハダヒザラガイヒザラガイなどに代表される。軟体は小判形背面が多少ふくらみ,背上に 8枚のが前後に重なって並び,それを小棘やが密生する肉帯が囲んでいる。頭部は体の前端にあり,小さく,眼も触角もない。口には歯舌がある。足は大きく,足裏は平たい。肛門は体の後端にある。外套腔には多くのがある。神経は梯子形神経系。すべて海産で,多くは沿岸礫底にすむが,深海の砂泥底にすむ種もある。多くは歯舌で藻類をなめて食べるが,ババガセのような肉食種もある。古生代カンブリア紀後期に出現し,現生種は世界に約 1000種,日本に約 100種が知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たばん‐るい【多板類】
軟体動物門の一綱。ヒザラガイ類。体は小形で平たく、背面に8個の殻がに並ぶ。多殻類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

多板類
たばんるい

軟体動物門の一綱で、ヒザラガイ類をいう。この綱Polyplacophoraの仲間の体は扁平(へんぺい)な楕円(だえん)形で、殻は八枚ある。目や触角はないが、口には歯舌をもつ。潮間帯から深海の岩などに吸着していて、運動は不活発である。無板綱Aplacophoraとあわせて双神経亜門Amphineuraを形成する。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たばん‐るい【多板類】
〘名〙 軟体動物門の一綱。体の背側には、八枚の貝殻が縦列し、それらを肉帯でめぐらしている。足うらは大きくて扁平、這うのに適している。頭には触角も眼もない。鰓は外套腔の両側にならぶ。海岸の岩のくぼみや、石の下側などに付着し、多少移動しながら、石の表面についている小さな藻類をたべる。ヒザラガイ類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多板類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多板類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation