@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多武峰【とうのみね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多武峰
とうのみね
奈良県奈良盆地南東部,井市南部の地区。旧村名。竜門山地中央の御破裂山 (619m) の南山腹を占める。藤原鎌足をまつる談山神社で知られ,室町時代建造の極彩十三重塔をはじめとする古い建造物が残る。桜,紅葉名所で,関西日光といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐の‐みね〔たふ‐〕【多武峰】
奈良県桜井市南部にある山。山頂は御破裂山といい標高619メートル。藤原鎌足中大兄(なかのおおえ)皇子蘇我氏討伐をはかった所とされる。山腹に鎌足を祭る談山(だんざん)神社がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうのみね【多武峰】
奈良県桜井市南西部,寺川上流一帯の名称。狭義には御破裂(ごはれつ)山(破裂山とも。619m)という竜門山地中部のひとつの山の名だが,その南麓一帯をいう。また多武峯寺略称。 《日本書紀》斉明2年是歳条に〈田身(たむのみね)に,冠らしむるに(めぐ)れるを以てす。(中略)嶺の上の両(ふた)つの(つき)の樹のに,観(たかどの)を起(た)つ。号(なづ)けて両樹(ふたつき)宮とす〉とあるのが地名の初見で,高所に営まれた両槻宮は,道教の影響があるのではないかとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうのみね【多武峰】
奈良県桜井市南部にある山。竜門山地の中部にあり、山頂は破裂山(海抜619メートル)。この山で藤原鎌足が中大兄皇子と大化改新の談合をしたといわれ、談山かたりやまともいわれる。山腹に鎌足の墓所と、これをまつる談山だんざん神社がある。紅葉の名所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

多武峰
とうのみね
奈良県中北部、桜井市の一地区。竜門(りゅうもん)山地中央部の御破裂山(ごはれつさん)(618メートル)南斜面一帯の地。山腹に藤原鎌足(かまたり)を祀(まつ)る談山神社(たんざんじんじゃ)がある。江戸時代まで多武峰寺と総称され、神仏両様の形式であったが、明治維新後、談山神社となった。天下異変のとき御破裂山が鳴動し、鎌足の木像が破裂するといわれている。神社周辺は紅葉の名所として知られる。JRおよび近畿日本鉄道桜井駅から談山神社までバスで25分。[菊地一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

多武峰
とうのみね
奈良県桜井市にある山嶺。藤原鎌足の談山 (たんざん) 神社がある
鎌足の子定慧が父の遺骸改葬,十三重塔を建て,聖霊院を設け霊像を安置した。国家の変事には廟山鳴動・神像破裂するといわれた。天台宗に属し,南都北嶺争いにも参加。明治時代の神仏分離により談山神社となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多武峰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多武峰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation