@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多田神社【ただじんじゃ】

世界大百科事典 第2版

ただじんじゃ【多田神社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

多田神社
ただじんじゃ
兵庫県川西(かわにし)市多田院に鎮座。祭神は源(多田)満仲(みつなか)はじめ頼光(らいこう)、頼信(よりのぶ)、頼義(よりよし)、義家(よしいえ)など源氏の諸公を祀(まつ)る。社伝によると、満仲が968年(安和1)に住吉(すみよし)大神の神託により当地にきたり、居城を築いて多田氏と称してこのへんの開拓に努め、970年(天禄1)多田院を創建したと伝える。清和(せいわ)源氏の始祖の宗廟(そうびょう)として歴代源氏の武将の崇敬を受けている。旧県社。例祭は4月10日、10月27日。4月第2日曜日には「源氏まつり」と称して、源家の風俗をした源氏懐古行列と神幸式が行われ、川西市の観光の一つとなっている。本殿、拝殿、随神門は国の重要文化財に指定されているほか、境内にある南大門、東西両門、六社神社、厳島(いつくしま)神社などは県指定の文化財になっている。満仲の墓所が境内にある。源家宝刀「鬼切丸」(銘安綱)、太刀(たち)(備前国宗作)のほか、源頼朝(よりとも)、足利(あしかが)歴代将軍、徳川家綱(いえつな)・綱吉(つなよし)などの記した書画、古文書などが宝物館に収蔵されている。神域一帯は国史跡に指定されている。[加藤隆久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多田神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多田神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation