@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多紀元悳【たき・げんとく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

多紀元悳
たきげんとく
(1732―1801)

江戸時代の漢方医。多紀元孝(もとたか)(1695―1766)の五男で、多紀家6代目。名を元悳(「もとのり」とも読み、元徳とも書く)、字(あざな)は仲明、通称は安元また文恭、藍渓(らんけい)と号した。父業を継ぎ、安永(あんえい)年間(1772~1781)侍医法眼に、1788年(天明8)法印に進み、永寿院の号を賜り、11代将軍徳川家斉(いえなり)の侍医御匙(おさじ)となった。1791年(寛政3)、火災焼失(1772)した私学躋寿館(せいじゅかん)を再建して官立の医学館とし、その規模を拡大したが、その際、私財をなげうって無一物となり、自宅の修理もできず、雨の日は傘をさして食事をしたという。1791年には仁和(にんな)寺の『医心方(いしんほう)』を謄写して奉上し、また『太平聖恵方』を写して献上した。享和(きょうわ)元年5月10日没。著書に『広恵済急方(こうけいさいきゅうほう)』『医家初訓』『医学平言』『養生大意』などがある。

[矢数道明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多紀元悳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多紀元悳の関連情報

関連キーワード

享和パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation