@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多紀元簡【たきげんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多紀元簡
たきげんかん
[生]宝暦5(1755)
[没]文化7(1810)
江戸時代後期の医師は廉夫,桂山または櫟窓と号した。寛政2 (1790) 年に奥医師となり,法眼に叙せられた。同6年お匙見習,11年には家を継いでお匙となった。『素問識』ほか多数の著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

多紀元簡 たき-もとやす
1755-1810 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦5年生まれ。多紀元徳(もとのり)の長男。父に医を,井上金峨に漢学をまなび,幕府の奥医師,徳川家斉(いえなり)の侍医となる。医書の収集,校訂,復刻につとめ,考証派学風を確立した。文化7年12月2日死去。56歳。幼名は金松。字(あざな)は廉夫。通称は安清,安長。号は桂山,櫟窓。著作に「傷寒論輯義」「素問識」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たきもとやす【多紀元簡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

多紀元簡
たきげんかん
(1755―1810)

江戸時代の漢方医。「もとやす」とも読み、多紀元悳(げんとく)の長男。字(あざな)は廉夫(れんぷ)、通称安長(あんちょう)、桂山(けいざん)また櫟窓(れきそう)と号し、その書斎を祖先の徳を述べ修むるの意をもって聿修堂(いっしゅうどう)と名づけた。博学にして36歳で老中松平定信(さだのぶ)に抜擢(ばってき)されて侍医法眼となり、1799年(寛政11)11代将軍徳川家斉(いえなり)の侍医御匙(おさじ)となった。1801年(享和1)医官の選考に関してその非を論じたため、上旨に逆らうの罪を得て奥医師を罷免され、100日の閉居を命ぜられた。しかし医学館督事として後進を指導し、考証学派の頂点にたち、名人安長の名を得た。文化(ぶんか)7年12月2日没。著書に『素問識(そもんしき)』『霊枢識』『傷寒論輯義(しょうかんろんしゅうぎ)』『金匱玉函(きんきぎょくかん)要略輯義』『脈学輯要』『医賸(いしょう)』『観聚方要補(かんしゅうほうようほ)』『救急選方』『櫟窓類抄』『麻疹(ましん)心得』など。『医略抄』の校刊もある。

[矢数道明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多紀元簡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多紀元簡の関連情報

関連キーワード

リスボン忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争マタラム本居宣長(国学者、神道学者)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation