@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多聞【たもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

多聞
たもん
城の石垣の上にある長屋風の矢倉をいい,走り櫓 (やぐら) ,多聞長屋ともいう。松永久秀が永禄年間 (1558~70) 大和 (奈良県) 多聞城に建造したことからこう呼れたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

た‐ぶん【多聞】
多くの物事を聞き知っていること。物知り。「博学多聞
多くの人に漏れ聞こえること。
「事―に及ばば」〈太平記・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐もん【多聞】
仏語。仏法を多く聞いて身を持すること。
多聞天」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

たもん【多聞】
兵庫の日本酒。特別本醸造酒「特撰飛天盃」、「爽本醸造生貯蔵酒」、カップ酒「乾杯」などがある。大正13年(1924)創業の「多聞酒造」の銘柄だったが、同社が平成17年(2005)会社更生法の適用を受けるのにともない商標は「大関」が継承。「大関」は正徳元年(1711)創業。所在地は西宮市今津出在家町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

多聞
兵庫県の酒造メーカー、大関が製造・販売する清酒の商品名。2005年に多聞酒造から譲り受けたブランド。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐ぶん【多聞】
〘名〙
① 多くの物事を聞いて知っていること。博識。物知り。
※私用抄(1471)「仏法を修行せんにも道を工夫せんにも心はひとつにて、いつのいとまありてか多聞をもつくし侍らん」 〔孟子‐万章下〕
② 多くの人にもれきこえること。
※小右記‐万寿二年(1025)二月九日「本自不宜之中也、若作知顔多聞歟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐もん【多聞】
[1] 仏語。仏の教えを多く聞き、心にとどめおくこと。仏法を多く聞き知っていること。また一般に、知識や見聞の多いこと。〔勝鬘経義疏(611)〕
※今昔(1120頃か)一「多聞第一の阿難来て食を乞ふ」
※梁塵秘抄(1179頃)二「一乗法華の受持者をば、薬王勇施多聞持国十羅刹の、陀羅尼を説いてぞ護るなる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多聞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多聞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation