@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

多額納税議員【たがくのうぜいぎいん】

世界大百科事典 第2版

たがくのうぜいぎいん【多額納税議員】
各道府県上位15人の直接国税納入者の互選によって1名選出された貴族院議員。総計45名。北海道,沖縄県は第5回総選挙(1918)から施行。任期7年。被選挙資格は満30歳以上の男子。選出方法は単記,記名貴族院内ではもっとも発言力の弱い議員で,1897年に結成された多額納税議員だけの院内団体丁酉会も,勅選議員らの圧力で1904年には解散させられた。加藤高明内閣の下での貴族院令改正(1925)で三府一道と大県は2名選出となり,互選者も議員1名につき上位100人の納税者と拡大したが,院内における地位には大きな変化はなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

多額納税議員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

多額納税議員の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation