@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夜の賛歌【よるのさんか】

大辞林 第三版

よるのさんか【夜の賛歌】
ノバーリスの抒情詩集。1800年刊。夭折ようせつした恋人ゾフィーへの思慕の念を神秘的な夜へのあこがれとして歌い、死を生の真の故郷として礼賛する。ドイツロマン派の代表的詩集。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

夜の賛歌
よるのさんか
Hymnen an die Nacht
ドイツ・ロマン派の詩人ノバーリスの六編からなる連作詩。1800年刊。全編きわめて格調が高く、第1、第2、第3の散文詩のあと、第四、第五の賛歌で韻文を交えつつ、「死への憧(あこが)れ」と題された最後の韻文詩へ移行する。全編の核は第三の賛歌で、亡き婚約者ゾフィーの幻に出会った現実の夜の体験が歌われる。この体験でノバーリスは夜の世界に目覚め、それがこの連作詩をつくるもとになった。愛を完成させるには昼を捨てて夜、すなわち死の世界へ入ってゆかねばならぬというのが主題である。しかし単なる個人体験を歌ったのではなく、死に至って完成されるエロスの愛を神秘的、宗教的領域にまで高めて歌い上げた傑作である。[平井俊夫]
『笹沢美明訳『夜の讃歌/他三編』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜の賛歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夜の賛歌の関連情報

関連キーワード

明治大学オフィシャルグッズ(衣料品)インド哲学定率減税水俣病第1次訴訟アンデス文明ベートーベンフィッセル辛酉教獄正祖勢道政治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation