@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夜光【やこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夜光
やこう
airglow
地上 100~500km付近にある電離層大気が,オーロラと同じ原理太陽微粒子によって,低緯度地方でも夜間光を放つ現象。全天恒星総和よりもはるかに光が強く,満月の 1000分の1程度。太陽活動が盛んなときは,さらに数倍の明るさになる。日本では古来星月夜」などと呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

や‐こう〔‐クワウ〕【夜光】
暗いところで、光を出すこと。また、その光。
間の大気光太陽エネルギーによって地球高層大気が発光しているため、月のない晴れた夜は、からの光よりもかなり明るくなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やこう【夜光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

や‐こう ‥クヮウ【夜光】
〘名〙
① 夜または暗い所で光を発すること。また、その光。
※本朝文粋(1060頃)一・春雪賦〈紀長谷雄〉「乍助書帷之夜光。縹帙自照。忽入粧楼而朝舞。粉匣尽盈」
② 蛍の異名。〔邇言便蒙抄(1682)〕 〔爾雅〕
③ 夜が明けきらない状態。
※実隆公記‐文明一一年(1479)後九月朔日「暁天退出。夜光猶有余之間暫就寝」
④ 中緯度および低緯度地方で、夜空が半定常的に発光する現象。一〇〇キロメートル以上の高空で酸素分子・窒素分子・水酸基などが光化学反応をおこし発光しているものとみられている。高緯度地方で突然に現われるオーロラに対し、変化が小さい。
⑤ 「やこう(夜光)の璧」の略。〔抱朴子‐論仙〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夜光の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンダラ トーレスリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation