@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夜明け前【よあけまえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夜明け前
よあけまえ
島崎藤村長編小説。 1929~35年発表。木曾馬籠 (まごめ) 宿で本陣問屋庄屋を兼ねる旧家当主青山半蔵は,折から明治維新動乱期を迎え,宿役人村役人としての責務と信奉する国学思想とに裂かれて苦悩し,やがて到来した新時代にも裏切られ,絶望して狂死する。半蔵のモデルは作者であり,その生涯を描くことで維新を草莽の側からみるとともに,近世から近代へ貫流した民族の「誠」をたずねようとした力作。近代歴史文学の最高峰と認められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よあけまえ【夜明け前】[書名]
島崎藤村の長編小説。昭和4~10年(1929~1935)発表。明治維新前後の動乱の時代を背景に、木曽馬籠宿の旧家の当主、青山半蔵の苦難一生を描く。モデルは作者の父。昭和28年(1953)、吉村公三郎監督により映画化。脚色新藤兼人。出演、滝沢修乙羽信子ほか。第8回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よあけ‐まえ〔‐まへ〕【夜明け前】
夜が明ける直前。また、苦難や雌伏の時期が終わり、事態が好転する直前のたとえ。
[補説]作品名別項。→夜明け前

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

よあけまえ【夜明け前】
長野の日本酒。酒名は、長野出身の作家・島崎藤村の小説「夜明け前」にちなみ命名。大吟醸酒、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒をそろえる。平成3、4、8、11~13、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に山田錦。仕込み水は霧訪(きりとう)山の伏流水蔵元の「小野酒造店」は元治元年(1864)創業。所在地は上伊那郡辰野町大字小野。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

夜明け前
1953年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、原作:島崎藤村、脚色:新藤兼人、撮影:宮島義勇。出演:乙羽信子、日高澄子、山内明殿山泰司菅井一郎、滝沢修ほか。第8回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜明け前
長野県、株式会社小野酒造店の製造する日本酒。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よあけまえ【夜明け前】
島崎藤村の長編小説。1929年から35年にかけて年4回のわりで《中央公論》に連載。第1部は32年,第2部は35年,ともに新潮社刊。作者の父正樹をモデルとする青山半蔵の数奇な生涯を軸として,1853年(嘉永6)の黒船騒ぎから明治政府が絶対主義的性格を強める86年(明治19)にいたる,近代日本の胎動期の苦しみを描いた歴史小説。中仙道馬籠宿の本陣の嫡男として生まれた半蔵は,平田派の国学に傾倒して王政復古を願い,封建制の抑圧を脱して〈若い生命〉を伸ばしたいと念じていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よあけまえ【夜明け前】
小説。島崎藤村作。一九二九(昭和四)~35年「中央公論」に発表。近代日本黎明期に木曽山中の旧家に生きた作者の父の悲劇を通して、維新の理想と現実を描いた長編歴史小説。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

夜明け前
よあけまえ
島崎藤村の長編小説。1929~35年(昭和4~10)にかけて年4回の割で『中央公論』に連載。第一部は32年、第二部は35年、ともに新潮社刊。中仙道馬籠(なかせんどうまごめ)宿で本陣、庄屋(しょうや)、問屋(といや)を兼ねた青山半蔵(モデルは藤村の父正樹)の数奇な生涯を軸として、幕末維新の動乱期を描き、抑圧からの解放を求める「若い生命」の苦しみを浮かび上がらせた歴史小説。平田派の国学に心酔し、封建制度の圧迫を脱して生命の自由な発展を願う半蔵は、「この世に王と民しかなかつたやうな上(かみ)つ世(よ)」への復古を夢みて王政復古の実現に狂喜したが、維新後の改革の基調は西洋一辺倒の文明開化だった。木曽(きそ)山林問題にみられる圧政や神道軽視の風潮に失望した彼は、西洋の侵食を憂うる自製の和歌を明治天皇の行列に献じて罪に問われ、しだいに狂気に陥り、ついに菩提(ぼだい)寺に放火、座敷牢(ろう)に押し込められて悶死(もんし)する。藤村文学の到達点として、藤村が一貫して追求してきた宿命的な家系とその原点に位置する父の問題を通じて、わが国の近代化や文化の連続性の問題を考察し、個人の運命を包み込む「大きな自然(おのずから)」の存在を感じさせる大作である。
 なお、村山知義(ともよし)が脚色した戯曲『夜明け前』は第一部が1934年11月、第2部が36年3月、それぞれ久保栄(さかえ)演出で新協劇団が築地(つきじ)小劇場で初演。全幕を通じて伊藤熹朔(きさく)装置の本陣宅の一杯舞台で時代の流れを表現し、新劇史を飾る作品となった。[十川信介]
『『夜明け前』全四冊(岩波文庫・新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜明け前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夜明け前の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広稲垣浩島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助大恐慌

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation