@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夜明け【ヨアケ】

デジタル大辞泉

よ‐あけ【夜明け】
夜が明けること。また、その時分。明け方。あかつき。「夜明けに出発する」
日の出前、太陽の中心が地平線下の7度21分40秒に来た時刻。明け六つ。→日暮れ
新しい時代や文化、芸術などの始まり。「近代文学の夜明け

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

夜明け
日本のポピュラー音楽。歌は女性演歌歌手、天童よしみ。2000年発売。作詞:池田充男、作曲:西條キロク。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よあけ【夜明け】
一般には東の空が白んで,うす明るくなるころをいうが,江戸時代の社会時刻制度である貞享暦では日の出前36分を,また,寛政暦では太陽の地心高度が-7゜21′40″に達したときで定義し,いずれも時刻の起点〈明け六つ〉とした。これらの定義は西欧の市民薄明の限界高度-6゜に相当するもので,灯火なしで通常の野外活動ができる明るさの限界であり,文字どおり夜と昼の境目である。日暮れ【森 巧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よあけ【夜明け】
夜が明けること。太陽がのぼる頃。明け方。 -前
太陽の中心が地平線下7度21分40秒にある時刻。明け六つ。 → 日暮れ
新しい時代や事物が始まろうとする時。 新日本の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

夜明け
よあけ
夜が明けるころ。寛政(かんせい)暦(1798施行)から、太陽が明け方、地平線下七度21分40秒に達したときを夜明けとした。明るい星が見えなくなるころで、ヨーロッパの常用薄明に相当する。寛政暦以前では日の出前二刻半(現在の36分に相当)をもって夜明けとした。江戸時代、不定時法では夜明けから日暮れまでを昼間、日暮れから夜明けまでを夜間とし、昼夜おのおのを六等分して夜明けを明(あけ)六つ、日暮れを暮(くれ)六つと称した。[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜明け」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夜明けの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation