@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夜鷹【ヨタカ】

デジタル大辞泉

よ‐たか【夜×鷹/蚊鳥/怪鴟】
ヨタカ目ヨタカ科の鳥。全長約29センチ。全体に茶褐色の細かい模様があり、くちばしは小さいが、口は開くと大きく、周りに長い剛毛をもつ。夜、飛びながら昆虫を捕食し、キョキョキョと早口で鳴き、枝に平行に止まる。アジア南部に分布。日本では夏鳥。ヨタカ目にはガマグチヨタカなども含まれ、北半球北部・南アメリカ最南端・ニュージーランドを除く全世界に約100種が分布。なますたたき。蚊吸い鳥。ぶんぼちょう。 夏》「靄(もや)こめてきたる―のたたみ鳴く/敏郎」
(夜鷹)江戸で、夜間に道ばたで客を引いた私娼
(夜鷹)「夜鷹蕎麦(そば)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よたか【夜鷹】
街娼の別称として,おもに江戸で用いられたことば。当時の街娼は夕暮れ以後に出没したので,夜行性の鳥の名を借りた隠語通称になったと考えられるが詳細は不明。古語の夜発(やほつ)を街娼にあてることは西鶴などにもみえているが,夜元禄(1688‐1704)以前に用例があり,両者に用語上の関連は特定しがたい。江戸の本所割下水吉田町は夜鷹の根拠地として有名で,ここから神田辺にまで出向いて稼いだ。幕末に出現した〈引っ張り〉と呼ばれる街娼は,出没場所や平均年齢に差があったともいわれるが,実質は夜鷹と変わらず,異質の街娼があらわれるのは明治以後のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

夜鷹
よたか
江戸時代の街娼(がいしょう)の一種で、夜になると出てきて野天、もしくは夜だけの仮小屋で売春した女性たちのこと。京都では「辻君(つじぎみ)」、大坂では「惣嫁(そうか)」とよばれるものの江戸版で、名称の由来は、夜間に横行するため、あるいは、夜鷹という鳥がいたのでこれになぞらえたものともいわれている。いずれも安い代価(24文ともいう)で売春する最下級のもぐり娼婦たちで、主たる巣窟(そうくつ)は本所吉田町にあり、客は武家・商家の下級奉公人や下層労働者であり、しばしば夜鷹狩りの取締りの対象となった。古川柳(こせんりゅう)、洒落(しゃれ)本、随筆などにしばしばその記述がみられる。[山内まみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

夜鷹 (ヨタカ)
学名:Caprimulgus indicus
動物。ヨタカ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜鷹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夜鷹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation