@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夢幻能【むげんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夢幻能
むげんのう
能の分類用語。超現実的存在 (神・など) の主人公 (シテ) が,名所旧跡を訪れる旅人 (ワキ僧侶など) の前に出現し,土地にまつわる伝説身の上を語る形式世阿弥によって完成された作劇法で,登場人物がすべて現実の人間である「現在物」に対する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むげん‐のう【夢幻能】
能で、主人公(シテ)が、神・霊・精など超自然的存在のもの。全体がワキの見た夢かであるという構成になっているところからいう。→現在能

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むげんのう【夢幻能】
能の分類名。〈現在能〉と対立して能を二大別する。能を代表する形式で,初番目物大半二番目物のほとんどすべて,三番目物の多く,四番目物五番目物の一部が夢幻能形式をとる。典型的夢幻能とは次のようなものである。(1)超現実的存在の主人公(シテ。神,男女の霊,鬼畜の霊,物の精など)が,名所を訪れた旅人(ワキ。僧侶や勅使など)に,その地にまつわる物語や身の上を語るという筋立てをもつ。(2)前後二場に分かれ,同一人物が前場(まえば)は現実の人間の姿(化身)で,後場(のちば)はありし日の姿や霊の姿(本体)で登場する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むげんのう【夢幻能】
能の分類の一。普通、前後二場に分かれる。亡霊・神・精霊など、超自然的存在の化身(前ジテ)が旅人(ワキ)の前に現れて、人の身の上や、その地の故事を語り、自分こそはその人(神・精霊)であると述べて消え、後場で本体を現すという型の曲。多くワキの見た夢や幻という設定であるところから命名。 → 現在能

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むげん‐のう【夢幻能】
〘名〙 能楽で、主人公(シテ)を実在する人物でなく霊として登場させるもの。「高砂」「老松」「清経」「胡蝶」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢幻能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夢幻能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation