@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

夢窓疎石【むそうそせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夢窓疎石
むそうそせき
[生]建治1(1275).伊勢
[没]正平6=観応2(1351).9.30. 京都
南北朝時代の臨済宗の僧。9歳のとき甲斐平塩寺の空阿の弟子となって密教を学び,18歳で得度し,奈良,東大寺戒壇院で慈観について登壇受戒した。 20歳で上京,建仁寺の無隠円範に参じて禅に帰し,のちに中国より一山一寧が来日したとき,鎌倉に下って学んだが機縁は契 (かな) わなかった。その後奥州を遊歴し,甲斐や美濃に草庵を営んだのち,土佐国五台山に吸江庵を結んだ。正中2 (1325) 年後醍醐天皇の勅により南禅寺の住持となるが,北条氏に請われて鎌倉に入り,北条氏滅亡後上京して再び南禅寺に入った。京都騒乱後に足利尊氏の帰依を受け,天竜寺の開祖となった。足利氏は末代にいたるまで疎石の門徒に帰依することを約束し,室町時代を通じて夢窓派が隆盛することとなった。多くの弟子を教化し,義堂周信絶海中津らを出した。主著『夢窓語録』 (2巻) ,『夢中問答集』。庭園設計,詩偈 (しげ) ,和歌にもすぐれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むそう‐そせき〔ムサウ‐〕【夢窓疎石】
[1275~1351]南北朝時代の臨済宗伊勢の人。一山一寧高峰顕日師事後醍醐天皇足利尊氏らの篤信を受け、京都嵯峨に天竜寺開山天竜寺船による貿易を促し、また造園芸術を発展させた。門派は夢窓派といい、五山文学の最盛期をつくった。著「夢中問答」「臨川寺家訓」「西山夜話」「夢窓国師語録」など。正覚国師。心宗国師。普済国師。夢窓国師。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

夢窓疎石 むそう-そせき
1275-1351 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。無隠円範,一山(いっさん)一寧にまなび,高峰顕日の法をつぐ。京都南禅寺,鎌倉円覚寺の住持,甲斐(かい)恵林(えりん)寺,京都臨川寺,天竜寺などの開山(かいさん)。後醍醐(ごだいご)天皇,足利尊氏らの帰依(きえ)をうけ,夢窓派を一大門流とした。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年9月30日死去。77歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。諡号(しごう)は夢窓国師,正覚国師など。著作に「夢中問答集」など。
格言など】人は長生きせんと思わば虚言をいうべからず

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

むそうそせき【夢窓疎石】
1275‐1351(建治1‐正平6∥観応2)
鎌倉末期から室町初期にかけて活躍した臨済宗の僧。伊勢に生まれた。9歳のとき甲斐の平塩山寺に入って得度し,はじめ教学を学んだが,20歳にして京都建仁寺の無隠円範に接し,禅宗に帰依した。その後,桃渓徳悟,約翁徳倹,一山一寧らに参じたが契悟できず,ついで那須の雲巌寺,鎌倉の寿福寺で高峰顕日(けんにち)に従い,ついにその法を継いだ。夢窓は本来韜晦癖があり,美濃の虎渓庵,京都の北山土佐の吸江庵,相模の泊船庵,上総の退耕庵などに隠棲庵居していたが,後醍醐天皇の強い屈請を受け,1325年(正中2)南禅寺に住した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

夢窓疎石
むそうそせき
(1275―1351)

南北朝から室町初期の臨済(りんざい)宗の僧。夢窓派の祖。初名は智(ちかく)。伊勢(いせ)(三重県)の人で、4歳で甲斐(かい)(山梨県)に移住。宇多(うだ)源氏の出身という。初め平塩山寺の空阿(くうあ)のもとで密教を学び、18歳のとき東大寺戒壇(かいだん)院で具足戒を受ける。あるとき、中国の疎山(そざん)と石頭(せきとう)に遊ぶ夢をみて疎石と改名した。

 1294年(永仁2)建仁寺の無隠円範(むいんえんぱん)(1230―1307)に参じて禅に転じ、無及徳詮(むきゅうとくせん)、葦航道然(いこうどうねん)(1219―1302)、桃渓徳悟(とうけいとくご)(1240―1307)、痴鈍空性(ちどんくうしょう)、一山一寧(いっさんいちねい)らに歴参、1300年(正安2)下野(しもつけ)(栃木県)那須雲巌(なすうんがん)寺にとどまる。ついで鎌倉万寿(まんじゅ)寺の高峰顕日(こうほうけんにち)を訪ねて教えを受けたのち、陸奥(むつ)(青森県)、常陸(ひたち)(茨城県)に隠棲(いんせい)、ふたたび鎌倉に帰り浄智寺の高峰に所悟(しょご)を呈して印可(いんか)を受けた。ただし無学祖元(むがくそげん)の仏光(ぶっこう)派の諸師とはその後の折り合いが悪かったらしく、1313年(正和2)美濃(みの)(岐阜県)長瀬山(後の虎渓(こけい)山永保(えいほう)寺)に元翁本元(げんのうほんげん)(1282―1332)とともに隠れ、さらに山城(やましろ)(京都府)、土佐(高知県)に移住した。1319年(元応1)北条貞時(ほうじょうさだとき)夫人の請(しょう)により鎌倉の勝栄寺に寓居(ぐうきょ)、相模(さがみ)(神奈川県)三浦、上総(かずさ)(千葉県)に庵居(あんきょ)する。1325年(正中2)後醍醐(ごだいご)天皇の請により京都の南禅寺に入寺したが、翌1326年退き、伊勢(いせ)(三重県)の善応寺、鎌倉の瑞泉(ずいせん)院(寺)を開き、さらに円覚(えんがく)寺に入寺、1330年(元徳2)には甲斐恵林(えりん)寺を開いた。

 1333年(元弘3・正慶2)後醍醐天皇の請により上洛(じょうらく)して臨川(りんせん)寺に住したが、ここはのちに夢窓派の本拠となった。翌1334年、南禅寺に再住、さらに翌1335年には夢窓国師の号を特賜(とくし)された。このころより巧妙な政治的手腕を発揮して夢窓派を統率する。建武(けんむ)新政の挫折(ざせつ)後も足利尊氏(あしかがたかうじ)・直義(ただよし)の外護(げご)を受け、元弘(げんこう)以来の戦没者を弔うため尊氏・直義に勧めて全国に安国寺利生塔(あんこくじりしょうとう)を創設し、また後醍醐天皇の冥福(めいふく)を祈るために天竜寺の建立を図り、天竜寺船を出帆させてその造営の資を得るなど、その手腕を振るった。天竜寺はのちに五山第二位に列せられた。1345年(興国6・貞和1)光巌(こうごん)上皇・光明(こうみょう)天皇臨幸のもとに後醍醐天皇七周忌および天竜寺落慶仏事を行い、翌1346年退席、正覚(しょうがく)国師の号を賜った。1351年(正平6・観応2)天竜寺に再住、光巌上皇より心宗(しんしゅう)国師の号を賜る。同年、来朝僧東陵永璵(とうりょうえいよ)に後席を委嘱し、9月30日臨川寺三会(さんね)院において示寂。

 彼の禅風は純粋禅とは異なり、天台・真言(しんごん)を加味したものであったといわれる。門人は俗に1万3000人といわれるが、無極志玄(むごくしげん)(1282―1359)、春屋妙葩(しゅんおくみょうは)、竜湫周沢(りょうしゅうしゅうたく)(1308―1388)、義堂周信(ぎどうしゅうしん)、絶海中津(ぜっかいちゅうしん)ら多くの傑僧俊秀が輩出し、室町期の五山派のなかで政治的にも文芸面でも一大門派(夢窓派)を形成した。また山水を賞翫(しょうがん)し、西芳(さいほう)寺、天竜寺、瑞泉(ずいせん)寺、永保寺などの造園にも卓抜した才能を発揮し、後世の禅文化に大きな影響を与えた。没後も、普済(ふさい)、玄猷(げんゆう)、仏統、大円の国師号を賜り、俗に「七朝(しちちょう)の帝師」とよばれる。語録のほか、『夢中(むちゅう)問答集』『西山(せいざん)夜話』『谷響(こっきょう)集』『和歌集』などの著述がある。

[石川力山 2017年10月19日]

『川瀬一馬校注・訳『夢中問答集』(講談社文庫)』『玉村竹二著『夢窓国師――中世禅林主流の系譜』(1958・平楽寺書店)』『川瀬一馬著『夢窓国師――禅と庭園』(1968・講談社)』『柳田聖山著『日本の禅語録 7 夢窓』(1977・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むそう‐そせき ムサウ‥【夢窓疎石】
鎌倉末期・南北朝時代の臨済宗の僧。夢窓派(嵯峨門派)の祖。生前に与えられた夢窓・正覚・心宗のほか、普済・玄猷・仏統・大円の各国師号がある。宇多天皇の子孫と伝え、伊勢国(三重県)に生まれた。九歳で出家し、顕密を学んだが、のち禅に帰し、無隠円範、次いで一山一寧・高峰顕日に師事し、高峰の法を継いだ。南禅寺に住し、さらに鎌倉の浄智寺・円覚寺に歴住し、甲斐国(山梨県)に恵林寺を、やがて京都に臨川寺を開いた。暦応二年(一三三九)足利尊氏が天龍寺を建てると、招かれて開山となった。五山文学の最盛期をその門流に生み出し、庭園芸術を発展させ、天龍寺船による貿易を促した。著書に「夢中問答集」「臨川寺家訓」。建治元~観応二年(一二七五‐一三五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

夢窓疎石
むそうそせき
1275〜1351
鎌倉末期・南北朝時代の臨済宗の僧
伊勢(三重県)の人。初め天台・真言を修学したが,のち禅宗に転じ,後醍醐 (ごだいご) 天皇・足利尊氏らの篤信をうけた。甲斐恵林 (えりん) 寺・京都天竜寺などを開き,春屋妙葩 (しゆんおくみようは) をはじめすぐれた僧を多数養成し,臨済禅最盛のもとを開いた。また天竜寺・西芳寺・瑞泉寺(鎌倉)などの造園にすぐれた技術を残し,『夢中問答』ほか著書も多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢窓疎石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夢窓疎石の関連情報

関連キーワード

杜世忠九条行家杜世忠建治ウェストミンスター法律郝経心思大物きちきち高下

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation