@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大きい【オオキイ】

デジタル大辞泉

おおき・い〔おほきい〕【大きい】
[形]《形容動詞「おおきなり」の形容詞化。室町時代以後使われた》
ある物の形・容積・面積などが、広い空間・場所を占めている。「―・い箱」「からだの―・い人」⇔小さい
量・数が多い。「質量が―・い」「声が―・い」「一〇より小さく一より―・い数」⇔小さい
程度がはなはだしい。「懸隔が―・い」「―・く右にそれる」⇔小さい
規模が並を超えている。「―・い事業」「―・い病院」「―・い台風」⇔小さい
範囲が広い。「問題を―・く三つに分ける」
心が広い。度量がある。包容力がある。「人物が―・い」⇔小さい
重要である。価値がある。「―・い事件」「あそこで点をとっておいたのが―・い」⇔小さい
年齢が上である。成長している。「―・い兄さん」「―・くなったら医者になりたい」⇔小さい
大げさである。「できもしないのに―・い口をきく」
10 いばっている。偉そうだ。「―・い顔をする」
[派生]おおきさ[名]
[用法]おおきい・おおきな――「大きい」には「大きい家」「あの家は大きい」「大きくなる」「大きかった」のように活用があるが、「大きな」は「大きな家」「大きな打撃を受けた」のように体言の前にしか使わない。◇「大きい顔」と「大きな顔」とでは、前者は事実としての広さ、大きさを表しているが、後者は「大きな顔をする」のように主観的・心理的な判断を表す傾向がある。◇「大きな希望がわいてくる」「大きな過ちを犯した」など、抽象的な事柄を表す名詞にかかるときは、「大きい」よりも「大きな」を使うことが多い。これも「大きな」の上記のような特徴による。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおきい【大きい】
形容動詞おおき(なり)の語幹を形容詞化した語。室町時代以降の語
(物の形の)容積・面積・身長などが他のものより上回っている。多くの範囲を占めている。 - ・い箱 - ・い男 - ・く円を描く
規模がまさっている。勢力がある。 - ・い会社 - ・い国
数量が多い。 生産量が-・い 損害が-・い
年上である。 - ・い兄さん
音量がまさっている。 声が-・い
度量がある。包容力がある。スケールが雄大だ。 気を-・く持つ - ・い人物 考えが-・い 腹が-・い
重大である。重要である。 世間を驚かした-・い事件 この契約の成功は会社にとって-・かった
おおげさだ。実際より誇張されている。 話が-・い
いばっている。謙虚でない。 - ・い顔をする 態度が-・い
程度がはなはだしい。ひどい。 それとこれとでは-・い違いだ 名詞を修飾するときは形容動詞おおきなを使うことも多い
▽⇔ ちいさいおおきおおきな
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大きい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大きいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation