@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大モラビア国【だいモラビアこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大モラビア国
だいモラビアこく
Velkomoravský říše
9~10世紀のチェコ人の国家。スラブ人の最初の本格的な国家組織。 822年に最初の記録が現れる。初代の支配者はモイミル1世公。その子ロスティスラフ公はドイツ人の勢力に対抗するためビザンチンから宣教師キュリロスとメトディオスを招いたことで有名。その従兄スワトプルク公はドイツ人と戦い,パンノニア,ボヘミアラウジッツ,シレジア (シュレジエン) に勢力を拡張。しかしその死後,ドイツ人の介入,ハンガリー人の侵攻で急速に衰退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大モラビア国
だいもらびあこく
Velkomoravsk eチェコ語
9世紀前半、フランク王国に臣従していた西スラブ人が独立してつくった大国。その版図は現在のチェコ、スロバキアを中心に、ハンガリー、ポーランドの一部を含んだ。第2代の王ロスティスラフRostislav(在位846~870)の治世がとくに有名で、ローマ教会支配に伴う西方からの侵略を防止するために、ビザンツ(ビザンティン帝国)との同盟を考え、ビザンツ教会の布教を懇請し、テッサロニキの高僧キリル(コンスタンティノス)、メトディオスの兄弟を招いた。その後さらに領土を拡大したが、強大化を恐れたフランク王国がハンガリーと結んで干渉したため、9世紀末から衰え始め、10世紀初頭にはハンガリー人の攻撃で滅亡した。[稲野 強]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大モラビア国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大モラビア国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation