@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大三島(島)【おおみしま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

大三島(島)
おおみしま

愛媛県北部、芸予諸島中最大の島。今治(いまばり)市上浦(かみうら)町地区と同市大三島町地区からなる。周囲約59キロメートル、面積64.53平方キロメートルで、最高峰は鷲ヶ頭(わしがとう)山(436メートル)。両地区の境界は脊梁(せきりょう)山地で、これらの山地は領家(りょうけ)変成岩や細粒花崗(かこう)岩からなり急傾斜をなすが、標高100メートル以下の地帯では、花崗岩の風化でできた砂質土壌で緩傾斜となり、乾燥地形の一種であるペディメントとする説もある。傾斜地では柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んである。大三島橋(1979年完成)が伯方(はかた)島と、多々羅(たたら)大橋(1999年完成)が生口(いくち)島と結び、それぞれ本州四国連絡橋尾道(おのみち)―今治(いまばり)ルート(西瀬戸自動車道=瀬戸内しまなみ海道、1999年5月全通)の一部をなす。人口7838(2000)。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大三島(島)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大三島(島)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation