@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大不況【だいふきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大不況
だいふきょう
Great Depression
1929年のニューヨーク株式市場の大暴落をきっかけに発生した世界的な恐慌株価の大暴落が始まった 10月24日が木曜日だったため「暗黒の木曜日」ともいわれ,またこの影響が全世界に及んだので世界恐慌ともいわれる。株価は 6分の1にまで下がり,失業が拡大して生産は落ち込み,銀行も次々に倒産した。1933年のアメリカ合衆国の失業率は 25%に達し,実質国民総生産 GNPは 1929年の 70%程度まで低下した。各国関税を引き上げてブロック経済化をはかったり,為替を競って切り下げたため,世界貿易は縮小均衡に陥ってしまった。アメリカは 1933年以降ニューディール政策をとり,公共投資の拡大などを通じて復興をはかった。この大不況が一つのきっかけとなって,不況期には政府の需要創出策が必要であるとするケインズ経済学が定着し,世界経済を縮小均衡に陥らせないためには,自由貿易体制を維持する枠組みをつくる必要があることが認識されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいふきょう【大不況 Great Depression】
1870年代から90年代にかけて欧米諸国を見舞った経済不況。その現れ方,激しさ,始期終期は国によってまちまちだが,1873年から74年にかけて,まず,アメリカ合衆国での金融迫(ひつぱく),鉄道建設衰退ウィーンでの取引所ブームの崩壊,ドイツにおける重工業の不振といった形で顕在化し,ついでイギリスで激しい形をとり,80,90年代にはフランス経済にも深刻な影響を与えた。とくに当時の経済最先進国イギリスでは,1873年から96年にかけて顕著な物価の低落傾向がみられ,それゆえに従来,1873‐96年の時期が一般に大不況の期間とされてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大不況
だいふきょう
(1)1873年の世界恐慌以降、19世紀末までのほぼ4分の1世紀にわたって続いた長期停滞傾向を、マルクス経済学では大不況という。
(2)1929年恐慌(大恐慌)をさす。近代経済学で使われることが多い。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大不況」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大不況の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation