@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大乗院【だいじょういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大乗院
だいじょういん
寛治1 (1087) 年2月に権大隆禅によって創建された奈良興福寺の門跡寺。摂政藤原師実の子尋範の入室以来,摂関家 (→摂家 ) の子弟門主となり一乗院と並んで,興福寺別当に任じられた。中世には多数の荘園を有し,衆徒,国民を支配し,一乗院とともに大和国守護職として勢威をふるった。江戸時代になるとその勢力は寺内だけにとどまり,寺領 914石となった。明治の廃仏毀釈に際し,60世門主尚嘉は還俗して華族に列せられ,院は廃止された。寺地は興福寺菩提院の南にあり,庭園が有名であった。中世史料として貴重な記録,古文書を多数有し,その大部分国立公文書館に所蔵されている (→大乗院寺社雑事記 , 経覚私要鈔 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいじょう‐いん〔‐ヰン〕【大乗院】
奈良興福寺門跡。寛治元年(1087)隆禅が開創。代々摂関家の子弟が入り、一乗院と交互に興福寺別当職に就いた。明治維新後に廃絶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいじょういん【大乗院】
奈良興福寺の門跡寺院。奈良公園荒池の南方,鬼園山の南にあった。現今は大乗院池をのこして廃寺となっている。1087年(寛治1)藤原政兼の子隆禅が先考の菩提を祈るため一乗院東方に創建。関白師実の子尋範の入院以来摂関家の子弟が入り,一乗院,喜多院とともに興福寺院家(いんげ)の上位に位した。1180年(治承4)平重衡の兵火で焼亡し,のち元興寺の別院禅定院のあった地に移った。鎌倉時代には堂3宇,塔1基などを池畔に配し,白河法皇寄進の越前国河口荘をはじめ多数の荘園をもち,一乗院とともに興福寺別当職や金峯山検校,長谷寺別当を兼職する僧が多く輩出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大乗院
だいじょういん

興福寺を代表する門跡(もんぜき)。奈良市高畑町に旧跡がある。隆禅法印(りゅうぜんほういん)によって1087年(寛治元)に創設された。3代目の関白藤原師実(もろざね)の子尋範(じんはん)より摂関家の子弟が入室して発展。鎌倉時代、九条家や一条家出身の門主は禅定(ぜんじょう)院や龍華樹(りゅうげじゅ)院等の院主を兼帯し、長谷寺(はせでら)・永久(えいきゅう)寺などの末寺、荘園、寺僧、坊人(ぼうにん)、各種の商工業座などを支配して、一乗院と並ぶ大勢力を形成した。室町時代以降、しだいに衰退。近世には朱印地951石を有する門跡として存続したが、明治維新後、門主が還俗(げんぞく)したことによって廃絶した。

[稲葉伸道]

『永島福太郎著『奈良文化の伝流』(1951・目黒書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいじょう‐いん ‥ヰン【大乗院】
奈良市高畑町の興福寺にあった門跡寺。三箇院の一つ。寛治元年(一〇八七)隆禅が創建。関白藤原師実の子尋範以来摂関家の子弟が門主となり、歴代、興福寺別当を一乗院(門跡)と交互に兼ねた。明治維新後に廃絶。多数の文書(大乗院文書)が残されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大乗院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大乗院の関連情報

関連キーワード

寛治ウィリアムウィリアム(2世)カイ・カーウース聖ニコラウス遺品整理士ウィスワ川応徳寛治清原家衡

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation