@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大使【たいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大使
たいし
ambassador
外交使節最上位階級特命全権大使は,外交使節団として外交交渉や自国民の保護その他のにあたる。このほか,特別使節団の長,国際会議や国際機関に派遣される使節の代表にも,大使の称号が与えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐し【大使】
外交使節の最上位のもの。臨時的な特派大使常駐特命全権大使とがあるが、ふつう後者をさす。
1から転じて、自治体・機関・企業などから任命され、広報活動を行う人。「県の観光大使
朝廷・幕府などの中央政府機関の命を受けて公式に派遣される使者。
遣唐使正使

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいし【大使 ambassador】
外交使節の最高の階級。臨時外交使節としての大使と常置外交使節としての大使がある。前者が国家を代表して外国での儀式や臨時の会議に出席することを目的とするのに対し,後者は,正式には特命全権大使といい,接受国に駐在し,派遣国を代表して接受国政府と外交交渉を行うこと,接受国に発生する事項の中で派遣国の利益に影響のあるものを観察して派遣国政府に報告すること,接受国にある派遣国国民とその財産および利益を保護することをおもな職務とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいし【大使】
国家を代表して他国へ派遣される最上位の外交使節。また、その外交官。特命全権大使。 駐日アメリカ-
朝廷・幕府などから公的任務を帯びて派遣される使者。
遣唐使の長。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大使
たいし
ambassador
第一の階級の外交使節。常駐外交使節と臨時外交使節の場合があるが、普通に大使という場合は、前者の常駐の外交使節、すなわち特命全権大使のことである。「特命」の用語は、当初は、特別の任務をもって臨時に派遣される使節に用いられたものであるが、17世紀の後半に常駐の使節に用いる慣例が生じた。18世紀になって、使節に種々の階級と名称が用いられるようになり、「特命」の用語は他よりもより上位の階級・席次を主張するために付加されるなど、使節の階級・席次をめぐってしばしば争いが生じた。19世紀になって、使節の階級・席次に関する規則が定められ、「特命」が付加されても上位の席次を有しないことが明確にされ、大使は特命全権大使であるとされた。大使と他の使節(公使、代理公使)とでは、階級と席次について儀礼の点で異なるが、任務・特権の点では異ならない。当事国間でどのような使節を交換するかは合意によって決められるが、かつては、大使は大国相互間、公使は大国と小国との間や小国相互間に交換されるのが慣例であった。たとえば、わが国が大国との間で大使を交換したのは日露戦争後のことである。しかし、しだいにこのような慣例はなくなり、第二次世界大戦後、とくに1960年代以降、ほとんどの国の間で大使を交換するようになり、公使の交換は例外的になった。[広部和也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐つかい おほつかひ【大使】
〘名〙
① 天子の使者。第一の使者。おおきつかい。⇔小使(そいづかい)
※書紀(720)敏達元年六月(前田本訓)「高麗の大使(オホツカヒ)、副使等に謂りて曰はく」
② 中世、国衙の役人の名称。段銭の徴収などにあたった。
※東寺百合文書‐に・丹波大山荘市井谷百姓等申状(室町)「やくむたくまいの事、おうつかいかたくさいそく候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐し【大使】
〘名〙 (「だいし」とも)
① 朝廷・幕府そのほかの中央の政府機関や地方機関におかれた役職。また、公的任務を帯びて派遣される使者。また、重大な任務を帯びた使者。
※三島神社文書‐坤・応永八年(1401)一〇月七日・伊豆守護上杉氏(憲定)奉行連署奉書「所詮、可止催促之旨、可触大使之由候也」 〔韓非子‐八姦〕
② 遣唐使(けんとうし)の正使。
※万葉(8C後)一五・三六五九・左注「大使之第二男」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「此度(こたみ)は、ことに才(ざえ)かしこき人をえらびて、大使・副使と召すに、俊蔭召されぬ」
③ 国家または君主を代表した最高級の外交使節。最上位の外交官。特命全権大使。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉五「さまざまの使命を帯びた大使、公使、代理公使の膝栗毛は下町の道に絡繹(らくえき)として」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大使」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大使の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation