@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大倉山【おおくらやま】

世界大百科事典 第2版

おおくらやま【大倉山】
北海道札幌市西区宮の森にある小丘。後志(しりべし)火山群に属する古いメーサの一つで,標高307m。1931年この丘に大倉喜八郎が資金援助してスキーのジャンプ台(旧大倉シャンツェ)が建設され,その後幾度かの改修が行われて62年に90m級になった。70年に本格的な国際的ジャンプ台(通称大倉シャンツェ)が完成し,72年の冬季オリンピック札幌大会の主会場となった。世界有数のシャンツェで,国内で常時使われているジャンプ台としては唯一の90m級である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大倉山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大倉山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation