@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大倉流【おおくらりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大倉流
おおくらりゅう
(1) 小鼓方流儀名。流祖は大倉権右衛門宣仍 (?~1603) 。現宗家は大倉源次郎 (1957~ ) で 14世。 (2) 能の大鼓方の流儀名。小鼓大倉流から分れたもの。現宗家は小方が兼務する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおくら‐りゅう〔おほくらリウ〕【大倉流】
能の小鼓方流派の一。安土桃山時代の大蔵権右衛門道意を流とする。
能の大鼓方の流派の一。室町時代金春禅竹の子、大蔵信喜道加を流祖とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおくらりゅう【大倉流】
能楽囃子方の流儀の一つ。大鼓方と小鼓方の両方があり,祖を同じくする。両者は音楽上がほぼ完全に折りあうアシライ鼓の間柄である。(1)大鼓方 能楽協会に10名余の役者が登録され,大阪,名古屋,東京などで活躍している。地方ごとに少しずつ譜が異なり,古い手組(リズム・パターン)や掛声を残しているが,手組数が少なく音楽構造が比較的単純な点は共通している。高安流宝生流(いわゆる宝生錬三郎派,古称は観世流),明治以後絶えた金春(こんぱる)流大鼓などとも音楽構造が近い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大倉流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大倉流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation