@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大倉財閥【おおくらざいばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大倉財閥
おおくらざいばつ
大倉喜八郎によって築かれた財閥明治維新前後に武器商としてをなし,1873年貿易を目的として大倉組商会創業,93年合名会社大倉組を設立,これがのちの財閥の中核となった。 1911年商事部門を分離して株式会社大倉組設立 (1918年大倉商事改称) ,これと大倉鉱業大倉土木組 (現大成建設 ) の3社を日露戦争後中国,朝鮮に進出して本渓湖煤鉄公司など大陸事業によって発展,日清製油,日本皮革,帝国ホテルなどを傘下直系傍系 32社,関連会社 200以上に上る財閥を形成した。しかし傘下に金融機関をもたなかったことと大陸事業に主力をおいたことが弱点であった。第2次世界大戦後は大陸事業をすべて失い,財閥は崩壊した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおくらざいばつ【大倉財閥】
政商大倉喜八郎が一代で創設した財閥。幕末・維新の動乱に乗じて銃砲販売で台頭した彼は,明治期に軍需物資用達などの政商活動や貿易活動を中心に事業を拡大したが,そこで蓄積した資本を基礎に,合名会社大倉組(1893設立)を持株会社とし,大倉商事,大倉鉱業,大倉土木の直系3社を事業の中核とするコンツェルン機構が第1次世界大戦期に形成された。また彼は財界の有力者として多数の会社の設立に関与し,出資していたため,昭和初期には投資先会社数が100社以上にのぼり,巨大総合財閥(三井三菱)には及ばないものの,第二級の資本規模を有する財閥に発展した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおくらざいばつ【大倉財閥】
大倉喜八郎が軍需品調達による利益をもとに築いた財閥。敗戦により崩壊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大倉財閥
おおくらざいばつ
大倉喜八郎が一代で築いた財閥。幕末・維新の動乱に乗じて台頭した企業家大倉喜八郎が明治期に軍需物資用達などの政商活動で蓄積した資本を基礎に、合名会社大倉組(1893設立)を持株会社として、大倉商事、大倉鉱業、大倉土木の直系3社を中核とする組織機構が第一次世界大戦期に形成された。また喜八郎が財界人として多数の会社の設立に関与していたため、投資先会社数は昭和初期には総計100社以上に上った。しかし投資先に占める中国大陸の事業の比重が大きく、しかもそれらは本渓湖煤鉄公司(ほんけいこばいてつコンス)など若干のものを除くと業績不振であった。加えて喜八郎のワンマン経営のため管理機構の整備が遅れたことや金融機関をもたない弱点もあって、昭和期に入ると発展が停滞し、しだいに三井、三菱(みつびし)などの巨大財閥に大きく水をあけられていった。第二次世界大戦の敗戦で大陸事業のすべてを失い、壊滅的打撃を受けた。[中村青志]
『高橋亀吉著『日本財閥の解剖』(1930・中央公論社) ▽大倉財閥研究会編『大倉財閥の研究』(1982・近藤出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大倉財閥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大倉財閥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation