@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大元帥【だいげんすい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大元帥
だいげんすい
本来は,中国の軍隊の最高統者をさす称号であったが,日本では,明治建以後 1945年に陸海軍が解体されるまで,明治憲法により天皇の称号として用いられた。天皇は,軍によって「大元帥陛下」と呼ばれた。外国でも元首である最高統帥者を大元帥 generalissimoと呼ぶ場合がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいげん【大元帥】
《「帥」の字は読まないのを例とする。「だいげん」とも》「大元帥明王(たいげんみょうおう)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐げんすい【大元帥】
全軍を統率する総大将。日本では、明治憲法下での陸海軍の統率者としての天皇の称。
たいげん(大元帥)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐げん【大元帥】
(「たいげん」とも。「帥」の字は発音しないのを例とする)
※小右記‐万寿二年(1025)九月五日「大元帥像并雑具損色文早可給治部省
[2] 〘名〙 「だいげん(大元帥)の法」の略。
※御堂関白記‐長和六年(1017)正月八日「御衣遣大元・真言院・以頭中将示送右府」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐げんすい【大元帥】
[1] 〘名〙
① 全軍をひきいる大将。総大将。大都督(だいととく)
※歌舞伎・出来龝月花雪聚(真田幸村)(1871)三幕「御身こそは四百余州の大元帥(ダイゲンスヰ)と仰がれし、其張良に劣らぬ骨柄」
② 陸海軍を統帥する元首の称。旧憲法の下では、陸海軍の統帥者としての天皇のこと。
※軍人訓誡(1878)〈山県有朋〉「我が大元帥たる皇上に対し奉り」
[2] =だいげん(大元帥)(一)〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大元帥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大元帥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation